クリックすると目次が出ます。(無料)

 

神言(カミコト)

 

2019年11月28日 (測度の日)

 

令和天皇の市中引き回しの刑が終わりました。

道中、動かせるのは、首から上と手だけ。

身動き取れない体勢に置かれた晒しもの。 

江戸時代の囚人は首だけしか動かせなかったけど。

第二次世界大戦後の即位式天皇は、手を30cmくらい振ることは可能な状況。

後は、顔を引き攣らせて、笑顔らしきものを見せる見世物。

どう見ても楽し気じゃない。

見物は、見られる側にとってストレスになります。

雅子が病気になる理由が判るなあ。 

  

一方、芸能人は、見物人の生き血を啜って生きてる連中です。

見られてナンボの商売。

そこが違う点か。

平成天皇はラマンチャの男よりも、見劣りがするでしょう。

同じ80歳でも、全然、幸せそうじゃないし。

令和天皇は団十郎より見劣りがする。

つまり、天皇は“幸せ格”で歌舞伎役者に負けているのよ。

 

幸せ格とは、庶民が最後に縋り付く幻想基準のこと。

顔印象込みで雰囲気の問題ですが。

ブータンが格上だとよ。 

それを言うなら、飼い猫の方が幸せカモ。 

見物猿は、神秘性が無い見世物相手に、何を珍し気に集まってるのかね。

見て楽しいのか、平均30番の経済活動状況でも。  

 

そこらのマラソン大会なんかの方が見物人は多いでしょう。

サッカーや野球なんかも、毎回、スタジアム定員くらい集めるし。 

個人レベルで言えば、歌舞伎役者も襲名披露で浅草を、お練りしますね。

同じ距離を歩かせると、どちらの見物人が多くなるかな? 

歌舞伎役者の方は婚姻に纏わる醜聞が御法度。

一方、日本の皇室は、今や、ゴシップネタ塗れ。

さて、眞子の納采の儀や如何に?

 

神の場合も、ストレスは掛かります。 

というか、掛かるストレスで言えば、天皇や芸人よりも私の方が強い。

だって、音響兵器使ってますよ、敵悪魔は。

最近のは進歩して、超音波による振動攻撃だ。

外部盗聴器(集音装置)を強くすると、攻撃装置になるのカモ。

窓どころか、室内家電が微妙に震えるのよ。

要は、ストレス攻撃。 

こういう公表は、まだテレビでも映画でもやってないはず。

新情報でしょう。 

 

これが使えるのは、かなりの組織です。

そこらのチンピラヤクザじゃ無理な世界。

政府系か、はたまた、同和系か。 

ここで世界中相手に暴露してるのに、まだ使用している始末。

だから、悪魔だと言ってるの。

同和の先祖は、被疑者を拷問に掛けるのが仕事の非人。

悪魔の化身です。 

江戸時代から、連綿と受け継がれている性根ですね。 

 

それでも、神の私なら一人で勝てる。

だから美しい。

結局、生物として、ひ弱だと病気になるわけだ。

逆に、勝つと、因子エネルギー使える神になれるのよ。

今の私が、その状態です。

本物の神。

当然、天皇ごときより格上です。 

その序列が判らないというか、乱すのが日本猿。 

日本猿ピラミッドの天辺に過ぎない天皇より私を下と思いたいのよ。  

 

未だに、

「大人しくしていると、悪いようにはしない。

今のような態度では、ビジネスでの成功は難しい。」

とか何とか戯言言ってます。  

オイオイ、この期に及んで妄想抱くなよ。

20年間、

「下請けとしてストレス掛けて、タダ働きさせればOK宇宙。」

と言い続けてきたオメラス国家が。

神を神と認められない民族性。

だから、定義により悪魔です。  

 

なまじ、自分達独自の宗教持ってるだけに、始末が悪い。

キリスト時代のユダヤ民族と同類。  

しかし、私が客観的な序列を示すことで、少しは目が覚めてきた模様。 

それでも、人類No.1格の私にたいする魔王達の攻撃が続行中。

まだまだ、アルマゲドン終結とはならないようで。 

当然、神が反撃しますよ。

すると、因子エネルギーが放射されます。

その結果、社会に対し重大なインパクトが。

結果論で言えば、オマンらの所為で国が潰れていくの。

今回は、その具体例を一つ。

 

まずは、最近の風潮から伏線を張りましょうか。 

コリャが最高裁判決で、日本企業に対し、旧徴用工への賠償命令を出しました。

当然、ジャッピーから猛烈な反発があり。

霞猿が素材輸出規制を実施すると。

コリャは対抗して、GSOMIA停止を決定し。

それにアメリが口先介入して、ハチャメチャ状態。

GSOMIA失効寸前に停止命令解除して。

今や、最高裁判決の無効化に向かうよう、辻褄合わせをしている状況です。 

 

ことほど左様に、裁判での判決なんてものは、信用できないもの。 

だって、自己満足宇宙で棲息している無能な猿が判断するのですから。

隣の領域すら目に入らない状態で結論を出す始末。

矛盾は数学界で起きてるだけの話じゃないということ。

「3人寄れば文殊の知恵」

とは、仏教系格言ですが。

現実は、そんなわけにはいかないことを私が証明しました。

「3匹寄っても、猿は猿」

が神の格言。

この伏線から、アルマゲドンの局地戦に入ります。

 

今回の相手は司法の法曹界に棲息する連中。

具体的には、裁判官や弁護士。

(今までの反応見ると、検事は神の味方している風情。) 

未だに、私と勝負している気分らしいのよ。 

こういう連中の愚かさを把握しておかないと、米国での訴訟ビジネスには勝てません。

よって、仕方ないから付き合ってやるのですが。

猿のくせに、勝った気分になりたい模様。

だから、社会が潰れていくとは思わない知能レベルなの。

ヤナセ裁判での因子エネルギー作用が理解できてない様子。

 

今回、具体的には、何が起きたのか?

私の個人所有不動産を節税目的で、会社(当時のI.I.I.)に移したのですが。

最初、売買金額の評価を間違えたのですよ。

遺産相続時の評価基準で売買益無しになるように値付けしたのですが。

そうじゃなく、その不動産の元の取得時点での金額が売買所得の基準になるそうな。

しかも、昔の売買契約書が残ってないと、土地評価額は5%になるらしい。

政府による遺産相続詐欺だな。

今の時代、遺産相続案件はバブル前の古い物件が多いから。

 

この点が確定申告時に判明したので。

売買金額を訂正するか、売買を錯誤で無効にするか迷ったのですが。

(安く金額設定しても売買益無しにできます。

最近の地方の土地値は安くなったからね。

固定資産税評価基準での売買なら、誰も文句言えない状況。)

色々考えて、錯誤で元に戻したわけです。

すると、この操作に県税事務所が噛み付いた。

税理士と組んで、何か、邪な行為をしてるとでも思ったのカモ。

 

錯誤で戻した操作に文句付けて、課税してきたのよ。 

しかも、行って帰って、2回分の不動産取得税の請求。

無茶苦茶な話です。

(帰りの売買価格、勝手に決めた気分なのか?)

こちらが、大人しく引き下がるかどうかの調査も込みなのでしょう、多分。

ホント、経済犯を別件逮捕で取り調べする雰囲気。 

というか、私が錯誤ミスを犯したので、その罰の気分カモ。 

フフン、猿相手に引き下がるわけなかろうが。

 

ミスの指摘というのなら、オマンら猿は全員、ミスを犯して生きてるんだぞ。

未だに、償いというか、訂正もできず。 

その事実を、私が暴露したというのに。

自分達はマトモで、間違った生き方してないとでも言わんばかり。

そんなわけあるか。

原理上、誤った世界観に基づいて判断しているんだよ、無視ケラは。

こうなると、徹底的に猿を矯正するしかなさそう。

というわけで、高知地裁に訴訟を起こしました。

その判決が出ましたよ。 

 

判決

 

原告敗訴。

所有権移転は成立しているので、不動産取得税は発生するという結論です。

錯誤の登記は売買事実に対し意味無しということ。

ホント、馬鹿だね。

こちらは、所有権が移転していないという事実に基づき、この3年間の所得税を申告してきたという実績があるの。

これを、どう処理するかには、何も言及できてない。

その程度の世界観で生きてる裁判官だということ。

だから、誤った判決を出すの。

 

何処が、どう悪いのか?

数猿・アルゴリズム猿・論理猿同様、自分では把握できないらしい。

未だに、数猿より、司法猿の脳が曖昧なことが悟れてないのか。

ここまでアルマゲドンされて、どうして、判らないのかね。

因果関係をキチンと論理的に分析しておいてあげましょうか。 

以下、論理的思考法の実用化に参考になるはず。 

 

裁判中に、何故、錯誤にしたのか聞いてきましたが。

今や、どうでもいいこと。

そもそも、錯誤登記する時点で、元の売買契約書は無効にしています。

 

念書

 

この念書は元の売買契約書と同等の効力ですよ。

その事実を、どう捻じ曲げて、こういう判決を出したのかです。 

問題は、今の状況を、法的に、どう処置するかです。

法務局の登記簿では錯誤で戻ったことになっています。

だから、これを改訂する必要があります。

これについて、どう対処すれば良いのか何も言わない未熟判決。 

というわけで、控訴します。

 

控訴状

控訴理由書

 

この控訴審が終わっても、まだ訴訟は続きますよ。

県庁のアホは、錯誤で帰った分まで、所有権移転が発生すると難癖付けて。

不動産取得税を2重取りしたのです。 

仮に、控訴で負けて、この判決確定すると。

錯誤で帰った分は、原理上、生起してないことになります。  

いずれにせよ、すでに支払った税金が帰って来るのですが。

これに、利子を請求します。 

 

だって、県庁には、訴訟を起こすから、判決が出るまで待てと言ったのに。

期限内に支払わないと、利子が付くと脅したのですよ。

だから、支払ったのですが。 

あれから2年。

戻す金額に、同率の利子付けることを要求します。 

ついでに、精神的苦痛に対する慰謝料も追加するか。

それで、素直に支払わないと、また訴訟起こします。 

すると、県庁側は、再度、弁護士雇う費用が発生しますね。

(控訴でも、弁護士費用は増加しますが。)

 

はした税金のため、今回の訴訟で幾ら使うつもりなのか知りませんが。

被告弁護士事務所は稼ぎ時と思ってか、大勢(5人くらい)動員していたなあ。 

かなりの金額のはずです。

訴訟対象の不動産取得税よりも多いはず。

これが、県庁の木っ端役人の徴税法か。

総額、いくらの弁護士費用になるのやら。

脳が青いと、帳尻が赤字になるの。 

 

一方の私は方はというと。

自分で訴訟しています。

だって、MS裁判の準備ですから。

これがアルマゲドンの局地戦という真意。

だから、弁護士費用は発生しません。 

つまり、いくらでも訴訟できるのよ。 

少しは経費が発生しますが。

私のビジネスから見れば、誤差の範囲くらい。

 

この間、関係書類作成等で、時間は掛かります。

その時間の分だけ、貴重な神情報を開示する時間が減るという筋書き。

書く内容も、その分、薄くなる。

その具体的な見本が、今回の記事です。

エタが何故、悪魔なのか、判ってきたでしょう。 

これが痴呆公務員の正体。

 

更に、こういう因子エネルギー反応まで想定が及ばないのが、裁判官。

精々が、控訴するかどうかのレベルで物事を考える癖が付いている。

神の胸先三寸で、こういう揉め事になるということが想像できないらしい。

実力があると、こういう破目になるのよ。

相手みて対応すれば良いのに。 

私の実力は、そこらの国より格上ですよ。

神なんだから。

 

忖度というのは、首相よりも、神相手にするものだよ、司法猿。 

政治から独立している自分達は神よりも上で判決出せると思ったのカモ。

それが青いと言ってるの。

状況依存性が理解できないのか。

判事とは、その程度の脳力。

早くAIに変えねば。 

AIなら、別の判決になるはず。 

というか、そもそも、訴訟になってないはず。 

つまり、県庁の愚かな行為は生起してないはずです。 

それをハッキリと悟らせないとね。 

 

誰の御蔭で、飯が食えてると思ってるんだ。

夕張見て他人事と思えるのか、高知県庁や市役所よ。

現在、高知市帯屋町は“奇跡の街”として栄えています。

神の生誕地として、世界レベルで有名になってきました。  

「帯屋町ブルース」

というご当地ソングまでありますよ。 

人口減少の続く、30万人程度の地方都市なのに、この賑わいは奇跡なの。  

 

つまり、今や、高知市は私の城下町。

それが判ってないのよ、県庁の猿には。 

こうなると、神の因子エネルギーパワーを見せねば。

今後、高知は帯屋町だけ栄えます。

高知県民は、高知市中心街に集まりなさい。

県庁の戯言なんか聞いてたら死ぬよ。 

これで279町目。

 

ここからハイパー神商に。

前回で、Pen phoneの御利益が把握できたとして。

まだ、抵抗勢力が残っているカモ。

例えば、私のPen phone特許からヒントを得て。

スマホ+イヤフォン

なら脳波に影響しないと短絡的に考える猿も多いはず。

つまり、

「Pen phoneの代わりに、イヤフォンを使えばOK宇宙」

と考えるわけだ。

 

フッ、青いわ。

私がPen phone特許を出してから20年経過していますよ。

その間、猿は進歩できてないのか?

神の特許に依存して、肖り商法をやってきた後遺症だな。

特に、コリャは酷い有り様。

ほぼ、コピー製品を作り続けてきましたからね。

それが証拠に、私の名前で公開特許群を調べてみなさいよ。  

 

特許一覧表

 

折り畳みスマホまで、全部、先行開示しています。

これが、スマホの歴史。  

勿論、神のビジネスにおける伏線です。  

但し、この先、折り畳みスマホが流行るかどうかは保証しません。

だって、サムスンが無視ケラ悪魔になったから。

状況が変わったということ。

折り畳みスマホは3Dテレビと同様の運命を辿るカモ。 

 

つまり、特許なんてものは状況依存なの。 

20年間で、その効用を調査し、残るべき機能と駄目な機能を分析・区別する。

こうやって、人類は進歩していくのよ。  

で、結果論を開陳すれば。

イヤフォンがPen phoneの代わりになることは有り得ません。

Pen機能が無いからです。

今、サムスンが、必死で、テレビで宣伝している諸機能のこと。

 

但し、イヤフォンの役割りを果たすPen phoneのモデルもある。

この意味が判るかな?

すでに、Pen phone特許で開示していますが。

少し解説しておきましょうか。

著作権ビジネスだと判らせる必要があるからね。

 

まず、無線イヤフォンを電話の度に取り出す使用法の場合。

イヤフォンは小さいので、ポケットやカバンからは取り出し難いし。

慌てて出してると、落としたりします。 

つまり、Pen phoneの方が、スマホ並みに取り出し易いことは明白。 

だから、電話のタイミングで取り出す使用法ではなく、

「四六時中、耳にイヤフォンを装着して使用する方式」

で使うしか、Pen phoneに勝てる可能性は残ってない。

これならば、従来から音楽聴いたりして、馴染んでいますから。

何の違和感もなく、使える方式だと錯覚するカモ。

それが甘いのよ。

 

音楽やゲームやってる間にイヤフォン使用するのと、電話でイヤフォン使用するのは、本質的に違うのですよ。

何処が、どう違うのか?

音楽やゲームでイヤフォン使う場合は、先に、その目的が判っていて使用します。

一方、電話で使用する場合は、そのタイミングが判らない。

いつ、なんどき、相手から掛かってくるか当人の意思の枠外です。

よって、電話でイヤフォン使うには、四六時中、耳に装着しておくしかない。

 

しかし、これは危険です。 

耳栓しているのと、同じことなんですよ。 

それで街を歩いて御覧。

どれだけ危険か、やってみれば判る。

最近の自動車は電気自動車が増えているし。

自転車は僅かな音しか出さない。

皆が、ハイヒールのような靴音響かせて歩いているわけじゃない。

スマホ見ながら歩くのも危険ですが。

それに匹敵するくらい危険。

これが、この20年の観察で得た結論です。

 

ちなみに、片方の耳にだけイヤフォン装着する場合。

かなり違和感があります。

Pen phoneは手で持っているので、片方でも自然なのですが。

イヤフォンの片方だけは不自然なのよ。

イヤフォンを手で押さえると、その違和感は消えます。

こういうのが、人間工学。

少しは勉強してね。

AIに必要だから。 

 

そもそも、耳にイヤフォン入れても、すぐ外れるでしょう。

今時の芸能人(アーティストと言うらしい)が、舞台で踊りながら歌う時。

イヤフォンを付けていますね。

あれほど跳ねても、耳から外れないなら。

日常生活でも大丈夫と思うのが素人。

あれはね、前もって、振りが決まっているから落ちないの。

何遍も稽古した後の話。

それに対し、日常生活では、次の瞬間、何が起きるか判らない。

こういう咄嗟の場合の反射神経反応では、イヤフォンなんか、どうなることやら。

 

イヤフォンの方に気を取られると、逆に、反射神経の反応が鈍ります。

危険でしょう。

それが人間の限界。 

だから、耳かけイヤフォンなんかが流行ったわけですが。

あんなもの、四六時中、耳に掛けてると、違和感でストレスになります。

第一、それでも、何かの拍子に落ちますね。 

落とさないようにするには、イヤリングのように、耳に穴開けて固定するしかないでしょう。 

そうなると、人間のマシン化へと突き進む可能性が。 

 

こういうの、マンコは我慢できるカモ。

しかし、オスにはストレス半端ないはず。  

マンコに対しては、懐疑を提起しておきます。

「オマンの、その姿は美しいのか?

かなりグロテスクに見えるけど・・・。」

この一言で、マンコは降りるでしょう。

 

人間感情を殺して、機械と一体化するか。

それが、人間の未来の姿だと、誰が保証するのかということ。 

決定するには、まだ、時期尚早。  

少なくとも、当面は、Pen phoneで生きなさい。

神の宣託ですよ。

それでも、すでにイヤフォンは世間に受け入れられています。

まるっきり無視するのはビジネス的に愚か。

だったら、利用すればOK宇宙。

 

実際、すでにPen phone特許で利用法まで開示済みです。

その背景から。 

電話が掛かってきても、直ぐには応答せずに。

後から、落ち着いて掛け直す場合も多いですね。

こういう場合には、イヤフォンでも良いのでは? 

この場合、再度、取り出し時の具合・不具合問題が起きます。 

カバンでも、ポケットでも、イヤフォンを取り出すのはスマートじゃない。

ケーブル無しのイヤフォンは小さいので、どうしても愚図つきます。

一度、実験して御覧なさい。

(コールセンターではイヤフォンじゃなく、ヘッドフォンですよ。)

 

だから、Pen phoneをサット取り出して。

Pen phoneで掛ける方が遥かに使用感が良い。

イヤフォンと違って、Penで画面にメモを記入できるし。

通話中の、この機能は重要。

キャップを外すとイヤフォンになるように特許申請しておいたのは、音楽聴くためじゃないのよ。

Pen使用時に相手の音声を周囲に漏らさないようにする配慮。

この場合、片耳だけのイヤフォンとなりますが。

常時装着ではないし、片耳だけでも我慢できる時間レベルです。 

 

ついでに、そのイヤフォンで音楽も聴けるようにするか?

1曲3分程度なので、我慢は出来るけど、片耳だと音質が・・・。

追加特許となる資格がありますが、今更、特許化しません。

著作権で十分対応できるように準備したからだけじゃなく。 

無理に音楽を聞くことまでは想定してないということ。 

何でもかんでも取り込もうとする猿とは立場が違う。 

どうですか、基本思想は強いでしょう。

 

神に逆らう悪魔なら、マイク付きイヤフォンでPen phoneのライバルをするカモ。

これがダサイというか、もはや、醜い姿だと判らせるのが、今回の仕事。

音楽馬鹿向けの悪魔勢力が残ってもOK宇宙。

道路で両耳塞いで、クリヤな音質とかホザイテいますが。

死にたいらしい。 

第一、独占なんて言われると、Pen phoneの覇権が保てないからね。 

スマホ使用電話同様、一部音楽マニア向けにイヤフォン市場を残しておきます。

Pen phone使用がモバイル市場の50%超えるくらいで丁度。 

 

さーて、何処と組むかな? 

というわけで、予告した経産省への声掛けですが。

もう少し延ばします。

この1カ月間に、新たに、法務大臣が首になりましたが。

その理由は、あってないような些細な事。

そもそも、このタイミングで、騒動になった理由は?

だって、辞任理由事実が発生したのは、昔でしょうが。

真の原因は因子エネルギーでしょう。

その経緯を、今回、神ブランドで開示したわけです。

 

さて、次は、誰の首が飛ぶのかな? 

英語の民間委託や記述式試験で文科大臣か?

それとも、桜散る首相か?

野党の実力次第。 

猿にとっては、喧々諤々というよりも。

もはや、戦々恐々のはず。

マ、香港の若猿騒動と比べたら、ママゴトだな。   

これで280町目。

 

ここから、ハイパー論理に。

「自然数の0とは何か?

何であるべきか?」

これがÆだというのが集合論的世界観。

だったら、数学は集合論の矛盾から逃げれるはずもない。

これを、目先の矛盾から逃れた一心で、

「集合論の階層化」

とか言い出している風情。

(言葉自体なら昔からあったけど・・・。)

 

アホ、哲学じゃないんだよ、集合論は。

言葉遊びで、何ができるか。

具体的に、どうやって階層化する気かね。 

そもそも、神が普遍枠では駄目だと言ってるの。

この意味が、未だに、理解できないから、階層化などという寝言を言い出す。

偽ブランドの肖り商法は止めよと言ってるの。   

私の提示した矛盾回避してみなさい。

 

Æの階層化だけで片付くと思ってきたのカモ。 

しかしねー、それが青いと証明したのが私。

その秘孔は、すでに、公理シェーマとしての置換公理で垣間見ることができます。

というか、置換公理を枠外方向で眺めることが出来るようになった事実こそが、人類の進化の証明です。 

神の御蔭だな。

私が、先に消滅解を提示してから、ZFの矛盾証明に入ったのは、そういう親心。  

こちらも権威になっておかないと、最強の敵は倒せないという理由からです。

 

権威の源泉こそが消滅解で。 

それが、毛ほども揺らぐことがあってはならないの。 

消滅の秘孔が名前の自由性で。  

集合論とは、置換公理で採用する性質φ(x)として関与するの。

置換公理はφ(x)に関するシェーマですよ。

「このφ(x)の何処に名前の記号が出現するんだ?」

すでに、解説済みだから、復習しなさいよ。 

(復習するは猿にあり。

無視は、今や、未来の人類に対する犯罪行為だ。)

 

あの説明で何となく、判った気分にさせるのが神の奇跡。

しかし、具体的に、矛盾回避はできない猿の群。

無能なのよ。 

ここまで破壊し尽くされると、逆に、いっそ、清々しいものがあるでしょう。 

では、どう復活させるか。

もう状況依存で近似するしか手はないと判ってきたはず。 

ただ、言葉で生きる創価学会じゃあるまいし。

語感でジーンと感動しても、真理には至れない。 

 

状況依存で近似の意味では、強制法は露払いの役割りを果たしました。

枠内近似。

これが歴史的使命だったの。

しかし、ここで必要なのは、枠外近似の手法です。

それを、どう実現するか? 

いずれにせよ、今までの数学証明は、総て、再チェックする必要があります。

中には、間違いで、使い物にはならない推論もあるはず。

しかし、中には、使えるテクニックがあるカモ。

沈没船からのお宝サルベージの比喩が判ったかな。

 

但し、殆どの証明は手直しが必要になります。

リフォームによる廃墟の復活です。  

少しは勉強しておけよ、強制法も。

より一般に、公理的集合論を。 

猿脳の知力判定程度の役割は果たせるから。 

以上の内容は次回からの伏線です。

しかし、何処が、どういう伏線なのか、判らないでしょう。

それが猿の脳力の惨めさ。

言葉で生きても真理には通用しないのよ。

 

ちなみに、自然数論の無矛盾性証明と称するものに必要な世界は

・・・ÃÃ))

と自然数(=ω)に冪を無限回繰り返した程度では、まだ届かない世界ですよ。

これが自然数を超える順序数の面白さ。 

数猿のトップで、何とか理解可能なレベルがいれば。

間違い個所を見つけながら、お勉強してね。

すると、神の偉大さ、その脳力が再認識できます。 

だって、自分じゃ見つけられないことが悟れるから。

 

私が仕込んだ御蔭で懐疑は抱けても、間違いだという断定ができない。

その程度だということ。

言っておくけど、ハイパー論理は哲学じゃないぜ。

ついでに指摘しておくと、矛盾片割れのゲーデル不完全性定理はアルゴリズムの格真利益。

つまり、ソフトウェアの命。  

序列の理解できない計算機猿よ。

己の、脳タリンを恥じろ。  

 

物理猿には、集合論は理解できまい。

脳の構造が違うからねえ。

仏教の曼荼羅じゃなく、真理へと至る途中の道程ですが。

哲学じゃあるまいし、無知の知で済む話か、これが。

オマンくの宇宙と、神の宇宙、格の違いが納得できるぜ。  

 

一方、経済猿なんか、自分が猿だと自覚するのに丁度の課題です。

それなのに、私が解答を示すと、ZF矛盾が経済猿にも判った気分になったはず。 

こういうのを奇跡と言う。 

奇跡の確認をしておくと。 

経済なんか、様々なタイプの実数測度を使うでしょう。

積分系ルベーグ測度程度じゃなく、統計や確率に採用する自分勝手な変形・亜流測度。 

 

例えば、ファジィ測度なんてのもありましたが。 

類推や予想の精度共々、ホント、使えない。   

こういうのは、もろ、矛盾候補ですよ。

だって、可測基数が、すでに巨大基数なんですから。 

巨大基数とは、言葉の感覚で言えば、

「ACやADよりも、遥かに抽象度の高い概念」

です。 

巨大基数の一種の可測基数なんて、測度の究極と言える。

 

こう指摘すると、経済猿は気になるはず。 

マ、語感で遊んでいなされ。

それとも、己の非力が惨めで苦しくなってきたかな。  

何を言ってるか、判らない猿よ。

惨めでしょう、己の脳タリンぶりが。  

経済猿が一人前の気分で金儲けしてる世界は。

周期的にバブルで調整するしかない、博打場。 

さーて、どうなるかな、未来は。

お遊びの慈善事業で、御茶濁しているんじゃない!

 

低脳がだよ、金儲けするのは許されない。 

人類の邪魔です。 

だから、標語を掲げたのです。

「君らにマネーはイラン。

私にマネーがイル。」   

さっさと私にマネー寄越せ。 

私は単なる、知識自慢のスノッブじゃないのよ。

ブランドビジネスしてるの。 

私の仕事は最高級、というか、唯一絶対。   

 

というわけで、人類最後の砦、論理猿よ。

まだ新集合論創造できないのかね。

マ、無理もないな、ZFの矛盾が判らない知力だから。

つまり、地球上、私以外、誰も手が出せないわけか。

全知全能とは、こういうレベルなの。

その成果がYJ。 

今回は、今までのまとめで、YJ構築の肝の提示でした。 

 

このように何遍繰り返しても、具体的な姿形が見えて来ないはず。

それを再確認させるのが目的です。

ほぼ、ビジネス。 

次回から、愈々、満を持して、人類待望のYJ構築に入ります。

編も改めて

「新猿の知性35:創世編」

となります。

今や、大袈裟なネーミングじゃないと実感できたかな。

これで281町目。 

 

*********************

最近の記事

*********************

2019年

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

2018年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

2017年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

ここの記事は、当社会長である、山口人生の仕事で、総て、著作権が設定されています。

このシリーズは「PvsNP」問題を解決した歴史的証拠になっています。

なお、2016年までの「P vs NP」問題関連の記事は別のサイトに移しました。

限定読者だけが閲覧できます。