クリックすると目次が出ます。(無料)

 

神言(カミコト)

 

2020年5月28日 (イロハの日)

 

新型コロナの扱いは、今後、どうなるか?

インフルエンザはスペイン風邪と同類ですが。

もう慣れっこになって、日常茶飯事という扱い。  

これと似たような経過を辿るのか?

しかし、一方で、ペストの例もあるし。

さすがに、人口半分になるようじゃ拙かろう。  

どうじゃ、東洋のユダヤよ。

今から先の運命は?

実際、別原因で人口半分に成りかかっているけど・・・。

マ、本家ユダヤの2000年と比べれば、まだ、マシな方カモ。

 

ちなみに、神風邪というのは日本の政治家が言い出した用語ですが。

これを私が使用したことで、コロナの原因が私にあるかのように解釈する輩が多いのよ。

これは、私が神だと暗に認めた裏返しの証拠なんですが。

神を悪者に仕立て上げようという魂胆がミエミエの典型例。

そうはいくか、猿。

悪いのは、全部、君ら悪魔の方。

良いことは、全部、私の御蔭。  

だって、言葉の定義で、そうなっているものね。

 

原理上、神は良いエネルギーを出す存在で。

敵対する悪魔は腐れエネルギーの根源。

これらが社会に作用するのが因子エネルギーです。

コロナは悪魔の腐れエネルギーに対する天罰。

関係ないのに罹患する連中も多いけど、それが悪魔の恐ろしい処。

平気で猿を殺し、しかも、自分が原因だと自覚してない有り様。

別の判り易い例を挙げれば。

反射神経経済で下層階級をストレス死させるのも悪魔。

そろそろ、正体を見極めなさい。

誰が悪魔なのか。

 

一方、神の私は、人類に対し、史上最高の貢献をしてきた。

未だかつて、これ以上の良い貢献はないと言える。

こういう正のエネルギー。

それが判らないから猿なんですが。

これなら、自分が悪魔にストレスで殺されても判らないでしょうね。

悪魔という存在は神の邪魔をするだけ。

何の役にも立たない。

というか、何か善人ぶった行為をしても。

神を邪魔する分で相殺されて、トータルでマイナス。

 

判ったかな、東洋のユダヤよ。

神道で自己満足していても、世界中から爪弾きにされる状況になる時はなる。

また、西洋のキリスト教徒よ。

私が格上の立場なんだから、君らを異端にできるのだよ。

キリスト教系反人生派とかね。

何をいつまでも、肖り商法のアップル買ってるの。

神の御利益のあるPen phone買いなさいよ。

他人事じゃないぜ、イスラム教徒や仏教徒やヒンズー教徒よ。

 

というわけで、コロナショックですが。

さっそく、金融や財政出動によるV字回復とか妄想して。

金持ちが再投資のタイミングを測っている模様。

気の早い連中に至っては、すでに、買い出したとか。

ホント、甘い脳。

消滅もZF矛盾も無視し、B‐embedを採用してない猿の惑星。

そこに棲息してるのが君らですよ。

神が一手、指南してあげようか。

 

ここまで飽和したバブル崩壊後は、L字経済になる可能性を考慮しないのかね。 

目の前で、日本モデルがありますよ。

失われた20年間、Lの底辺で来てました。

それどころか、今回のコロナショックでアベノミクス幻想が消滅し。

30年間L底のままだと暴露され、さらに続行中。 

そんなことは、欧米では有り得ないと思うのが青い。

西洋中世では、ルネサンスまで、Lの底辺が数百年続いています。

農業が少し進歩して、人口だけは増えたけど。

それは、減る為の伏線のようなもの。

餌が増えただけで、生活水準は上がってない。

 

つまり、本家インディアンと並び。

当時の西洋は、低成長ホワイトインディアンの世界だったわけだ。

キリストの呪いだな。  

実は、芸術中心のルネサンスも大したことはなくて。

本当の発展は、ニュートン・ライプニッツの微分・積分以降から準備が始まり。

産業革命で花開いた感じ。 

コロナショックの観点から、この間の西洋史の不都合な真実を暴露しておくと。  

 

西洋中世で大流行した黒死病ですが。

歴史上、最初は、540年くらいに、東ローマ帝国で発生したらしい。

(多分、それまでもあったでしょうけど、資料に残ってない。

それとも、突然、この時期から発生し始めたのかな?)

その後、鳴りを潜めていたけど。

天災(+疫病)は忘れた頃にやってくる。

 

史上、一番、有名なのが、西洋中世に大流行したやつ。

当然、以前のと比べ、細菌として変異しているわけですが。

あれの発端は、モンゴルのユーラシア征服が契機です。

東のネズミ(に寄生していたノミ)に取り付いていた菌が、征服した何とかハン国経由で。

香辛料貿易していたアラブが関与して。

海からイタリア経由でヨーロッパに広まったというのが通説。

当時、すでに、人の往来が活発化していた証拠です。 

 

問題はですよ、最初の一撃は1350年前後だったという事実。

これが第一波。

それで、一時期、終息し。

それと共に、ルネサンスの開花が始まったわけだ。 

理由は?

それまでは、中世キリスト教の世界観に縛られていた庶民が。

黒死病で目覚めたのよ。

キリスト教の信仰程度によらず、皆、黒死病に罹患していったから。 

 

「東洋の異国の病気のはずなのに。

イスラム教徒のアラブが貿易で齎したのに。

何故、キリスト教徒に蔓延するのか。

しかも、信心の程度に依存せず。

これじゃ、キリスト教の御利益なんか無いじゃないか! 」 

この意識が、更に進んで、多神教文明ギリシャへの先祖帰り。

これがルネサンスの原動力です。 

 

黒死病は、貿易活発だったイタリア都市から西洋侵入していきましたが。

同じく、ルネサンスもイタリアから始まった。

偶然じゃないのよ。  

で、ルネサンスが始まることで、中世が終わり。

新時代になって、それで平和が訪れたかというと。

そうはイカの金玉。 

黒死病、第二波が発生します。

これで、また、一荒れしてから終息し。

 

一息付いたら、更に、第三派が襲う。

これの繰り返しで。

1500年代のノストラダムスの時代まで断続的に続くのよ。

(医学部生だった若きノストラダムスがネズミを駆除した逸話は有名。)

結局、イタリアルネサンスの時代を通じて猛威を振るい。

もはや、大衆は、ルネサンスの目先の芸術では我慢できなくなり。 

1500年代半ばのプロテスタントの勃興に繋がったという筋書き。

 

だって、信仰じゃ救えないのに。

大衆の気弱に乗じて、カトリックの坊主は免罪符で稼ぎだした。

これじゃ、カトリックは信用できなくなりますね。

最終的に、ペストの流行は、ニュートンの時代(1600年代半ば以降)まで続いたの。 

だからこそ、ヨーロッパの人口が50%減ったのよ。 

西洋史とは、こういう顛末です。

 

この間、新大陸発見なんかもありましたが。

西洋史的にはバイパス程度の位置づけです。

(タバコと梅毒を齎したという副産物付き。)  

それが今や、逆転して、米国中心の歴史になりつつあるけど・・・。 

第一波だけで30%減ったとか言ってる専門家もいますが。

何千万人減かという資料は残ってないし。

第一波だけで、人口が半分になるわけなかろうが。

 

昔の統計資料の精度なんぞ、この程度のもの。

今から先は、せめて、もう少し、精度上げろよ。

マ、無理か、日本じゃ。  

作成する官僚が率先して、改竄してる始末。

これがアホノミクスの正体。

 

ついでに言えば、知ってますか。

ニュートンの発見は、ペストで避難した先で考え付いたという俗説を。

当時にしても、ロンドンでリンゴが落ちるのを見れるはずがない。

疎開先の田舎ですよ。

確か、ケンブリッジだっけ。

これが科学史で。

少年少女向け偉人伝の逸話

 

さて、ここからが大事ですが。  

興味深いことに、微分が発見された辺りから、西洋のペストは終息した。

これは何かの啓示か?

愚かな猿に対し、やっとこさ、天が機嫌を直したのカモ。

そして、その後の産業革命へと続くという筋書き。

その後、欧米ではなく、清朝末期の中国で第三弾の変異型ペストが発生。

当時の清朝社会が乱れていた証拠です。

(阿片で現実逃避のし過ぎ。) 

 

この流行は1894年からで日清戦争の時期。

猛威を振るったのが香港で。

ここまで来て、ようやく、ペスト菌が発見された。

発見者は日本の北里柴三郎ですが。

当時の最先端科学として流行した細菌発見競争があって。

フランス系とドイツ系で先陣争いがあった模様。

北里はコッホのドイツ系ですね。

 

当時の中国にしたら、西洋の持ち込んだ生物兵器じゃないかと言う陰謀論も。

何せ、阿片貿易だもの。

だから、今のコロナでも、米国からの攻撃と言い出すわけだ。

こういう歴史を知っておかないと、政治はできないぜ。

いずれにせよ、世が乱れると、天災が起きるのよ、昔から。

洋の東西を問わず。

社会の乱れと疫病の相関関係が有りや無しや?   

これこそが因子エネルギーの作用だと教えてあげているの。

場が歪むからね。

 

これで、少しは、悟れば良いのもを。  

当時の猿には、まだ、無理だった模様。 

阿片戦争当たりから、再度、西洋猿が逆上せ上ってきて。

(これじゃ、東西が仲良くできるはずもない。

歴史上、不倶戴天の敵だと、双方が認識している。) 

天罰に、スペイン風邪が流行したのですが。

この時期が、第一次世界大戦と一致している始末。

 

第一次世界大戦での

「戦死者 vs 病死者」

どちらの死者数が多かったか、知ってますか? 

インフルエンザでの死者の方が遥かに多いのよ。

同様に、日ロ戦争でも、

「日本兵戦死者 vs 脚気の病死数」

では、脚気が多かったのですよ。

ビタミン恐るべし。

 

で、スペイン風邪は世界レベルのパンデミックになり。

その後遺症で、御存じの大恐慌があり。

ニューディール程度じゃ駄目なので、何とか回復させようと、第二次世界大戦を起こし。

ついでに、どさくさ紛れに、(科学系で)原爆+(宗教系で)ユダヤの粛清。

この時には、天罰の新型菌は無かったな。

代わりに、軍部が生物兵器なんか開発していたけど・・・。

クワバラクワバラ。

 

その後も、インフルエンザは切れ目なく続いて。 

ついに、ITバブル崩壊と共にSARSが発生し。

リーマンショック後にはMERSが発生。

これらはコロナ菌ですが。

今は、新型金融バブル崩壊を促す第三期の最中だということ。

こういう歴史です。

今回の終息でコロナ攻撃が終わると思うかな? 

因子エネルギーは作用しますよ、場が歪むと。 

 

今のインフルエンザなんかも、遺伝子的には、スペイン風邪の亜流。 

それが、ほぼ毎年発生し、その度に、各国で数万人、死んでいく。

これが、未だに続行中です。 

こういう実例があるのよ。     

これに対し、コロナ菌は、タイミング的にアルマゲドンの一部です。

今は、インフルエンザと比較していますが。

下手するとペストよりも厄介になるカモ。 

だって、突然変異すると、致死率は変わりますよ。

君らの目覚め次第だな。

 

多分、次回の流行性肺炎もコロナ菌。 

まさに、一寸先はコロナ状況。

何故、今のままの死亡率が続くと妄想するのかなー。 

こういう因子エネルギー。 

一方、飢饉を引き起こす経済状態は?

今から先は情報依存だな。

というか、AI依存か。 

 

今は、正に、アルマゲドンにおける

「バイオハザード vs インフォハザード」

状態。 

神舐めたらいかんぜよ!  

天罰と言う意味が判っています? 

米中は、コロナ発生の原因に関して、互いに責任を擦り合いしています。

これは覇権を賭けた戦いの一環。  

 

同様に、今は、

「神 vs 悪魔」

の最終戦争の最中。  

悪魔は、神風邪と言う用語で、神の所為だという印象操作しているし。

神の私は、悪魔の所業に起因する天罰だと言ってる。 

しかして、その実体は?

神の言ってることが正しいに決まっているでしょう。 

いずれにせよ、因子エネルギー。 

 

各国政府がコロナ戦争という用語を用いる真意が判ったかな?  

しかし、表面上は無視するのよ、神本体を。 

それが証拠に、経済的に序列を保たないし。

消滅解で解いたと正式に認めない。

一刻も早い認知が必須のZF矛盾すら正式認知しない。これが魔王デビルの正体。 

無視攻撃だ。 

 

一方の大衆デモンも。

放射能漏れの隠蔽でデモするよりも、ZF矛盾の無視でデモしたら?

デモできるのに、しないから悪魔なのよ。  

検察庁法でネット(ツイッター)炎上させるのなら、ZF矛盾でネット炎上させたら?

非難相手は学会だけど。

間違っても、コロナは私の所為だと思わないようにね。

そう思う腐れエネルギーを出す君らの所為ですよ。 

 

天罰とは便利な概念だな。

ただ、私は科学神だから、都合の良い解釈はせず。

因子エネルギーと言ってます。

物理的な存在です。

これで社会場が歪む。

因子エネルギー知りたければ、先に、ダークエネルギーを解明してね。 

これで297町目。

 

ここから、ハイパー神商に。

安倍は人生スキームの神令を無視しました。

舐められたまま引き下がると、私のビジネスに差し障りが出ます。

そろそろ、本気で安倍を潰しておかないと、国の為にもならない状況。

だって、安倍人気とは、即ち、ピラミッド階層で多数を占める中以下が、

「あの学歴でも総理大臣になれた。

だったら、私にも可能性がある。」

と密かな期待をする現われだったのよ。 

 

かつての、角栄人気みたいなもの。  

しかし、角栄の晩節が、どうなったか、皆、知ってますね。

さて、安倍は、どうなるかな? 

大衆にとっては、己の出世期待さえ抱ければ、後は、政治家がどうなろうが、知ったことじゃないの。

芸能人並みの

「あの人は今」

扱い。

 

その点が安倍本人には判ってない。 

人気の源泉は自分の個人的魅力と思っている模様。  

そうじゃなく、学歴が駄目なのに、2世・3世だから、ここまで来ただけ。

国民にも、徐々に、それが判ってきたでしょう。

実力のカケラもないのよ。

反射神経の応答だけ。 

成蹊程度の世界観で構造改革やると、モリカケになるの。

森永のヒ素ミルク飲むと、死人が出るのよ。 

 

霞猿は、最初は、便利な操り人形神輿と思っていたようですが。  

ああいう馬鹿に権力を与えると。

その味を知って、手放さなくなるわけだ。 

そのためには何でもやり始める。

その結果、今や、勢力逆転されて。

霞ヒラメという生き方しかできなくなっている始末。 

 

経済界も、株価が上がったと言って喜んでいましたが。

株なんてものは、買えば上がるの。  

問題は、今の日本株を誰が買っているのかです。

日銀でしょう。

腹減ったタコが自分の手足を食うような真似ですよ。

これで手柄になるのなら、小学生でもやれる。

しかも、今や、コロナで株すら下がり気味。

経済猿はウイルスに負ける実力か。

 

アベノミクスは、黒田使った公約が2年で2%のインフレ成長。

それが達成できなかった2年で首相を止めるべきだったの。

それをダラダラと、史上最大予算とかいって。

国の赤字膨らませることで、今まで生き延びてきた。 

2期で首相辞めるかと見ていたら、とうとう、在任期間の延長までやり。

今や、4選なんてアドバルンまで揚げている始末。

サクラの使い過ぎだ。 

そろそろ、私が引導渡しておかねば。

 

あれほど武漢でコロナが騒がれている最中にもかかわらず。

脳がタリンから、中国との往来を止めなかったでしょう。

プーの国賓招待で遠慮してるから、こういう破目になる。

その後、逆に、プーから来日延期の通知が来て。

やっとこさ、往来禁止に踏み切った。

その所為で、今、日本の現状です。

限界まで先延ばししてきた挙句の全国封鎖。 

コリャの文に危機管理で負けかかっているぜ。

 

注意:

プーの招待なんぞ、安倍の延命向けパフォーマンス以外の何物でもない。

何を誤魔化してるのかね、NHKのフィギュアスケートは。

リングにプーの縫い包みを投げ込んで。

これが日本オリピックの正体だ。

だから、延期になるのだよ。

その結果、いくらの損害発生かな?

全部、因子エネルギー。   

  

同時期に、コロナ名目に、韓国との行き来をストップした。

時期がズレてるだろうが。

やるなら、もっと早期にやるべきだったの。 

以前、私が神令で、断韓を提唱したのですが。

この時は耳を貸さず、無視した政権だったのですよ。

しかし、神令には因子エネルギーが伴うの。

だから、その後、どうなったかというと。 

 

まずは、輸出管理で最恵国待遇をストップしましたね。

これは、日本企業に対する韓国最高裁判決に対する仕返しですが。

それでも、結果として、輸出入で制限が出始めました。

この時点では、まだ、人の日韓交流は途絶えていませんでしたが。

(K‐popの新大久保は女学生の人気スポット。) 

次には、コロナで、人の往来までストップ。

結果論として、断韓になりつつあるでしょうが。

今や、マイルド断韓状態。 

 

こういうのを、因子エネルギーというの。  

まさか、本当に、断韓になるとは夢想すらしてなかったはず。

それでも、成るものはなるの。  

何を言ってるのか判るよな、セガサミー。

どうじゃ、仁川カジノの具合は。

私と組まないから、そうなるの。

 

同様に、判ったか、諦め組のサンズよ。

日本はシンガポールやマカオとは違うぜ。

但し、B‐embedは日本だけで採用されるわけではない。

やがて、マカオやベガスにも上陸しますよ。

判ってるかな、アデルソンよ。

良い経験しただろう。

学習しろよ。

 

既存のカジノゲームなんぞ、糞ですよ。

ハイローラーなんてのは、糞食って、興奮する変態。

韓国にありますね、トンスルが。

糞入り酒です。

そんなもので、脳内興奮せずに。

ホンモノの御利益のあるB‐embedで興奮しなさい。

その内、各カジノが採用始めますから。

 

ちなみに、現在、カジノの封鎖は、どうなっているのかな?

どうじゃ、マカオやシンガポールやラスベガスよ。

クルーズ船は伏線ですよ。

本命は、かみまでも、カジノ。 

これに関連して、仁川カジノの景気問題があり。

更には、日本のカジノへの参加問題へと繋がるわけですが。

本気で私と組まないと、無理よ。

 

具体例がユニバーサルエンターテインメント。

フィリピンで先行準備してたけど。

日本でカジノどころか、今や、身内の裁判沙汰で泥沼状態。

こういう因子エネルギー。 

安倍は、敵を徹底的に潰すらしいけど。 

私は、もっと潰すのよ、相手が悪魔と判明したら。 

というわけで、次回、安倍を本気で潰します。  

実際、私のビジネスにも差し障りが出てきているし。 

(新潟の無視ケラは、安倍への忖度だろう。 

日本に神令が浸透してない証拠だ。) 

これで298町目。 

 

ここから、ハイパー論理に 

前回の弱AC関連の話題として登場した

ZF外で、ZF+弱AC内の新命題(論理式)

x)ψ(x)・・・(1)

ですが。

今更、

「そんなものが必ずあるという保証は?」

なんぞというレベルの懐疑を抱くようでは話にならないの。

 

弱ACはZFから独立なので、少なくとも、ZF外でZF+弱AC内の閉論理式

Ψ

があるわけで。

Ψが(1)の形式になるかどうかの保証を気にするのでしょうが。 

そういうレベルの話じゃないのよ、あの抽象化伏線は。 

Ψは閉論理式だから、少なくとも(1)か

x)ψ(x)・・・(2)

のどちらかの形式的表現になるはずですが。

 

すでに言及しておいたように、(2)の場合は

¬(x)¬ψ(x)

として、弱ACか¬弱ACのどちらかをZFに追加すればOK宇宙。

これで、

{x|ψ(x)}か{x|¬ψ(x)}

のどちらかがÆになります。 

ここまでは納得できたとして。

 

ψ(x)と抽象化しておいた伏線は、この形式的処理の効果。

独立命題を、例えばACとして、具体的な論理式で表現すると

X(¬(ÆX)→t(zA={t}))

ですが。

これを形式的に

¬(X)¬(¬(ÆX)→t(zA={t}))

と変形すると。

 

上のψ(x)は変数がxではなくXとなり。

ψ(X)=(¬(ÆX)→t(zA={t}))

となります。

これを、そのまま

{X|¬(¬(ÆX)→t(zA={t}))}・・・(3)

とすると、果たしてÆになるのか?

 

以前は、¬(ÆX)の具体例Xを取ってから、後半の

t(zA={t})・・・(4)

部分でÆを生成しましたね。

これには理由があって。

その方がACのセマンティクスに合致するからです。

Xベースに(4)で新認知されるAが選択集合となるというセマンティクスです。

 

ところが、(3)の場合は、そういうセマンティクスを考慮せず。

AC論理式から自動的に集合(3)を設定している。

これで良いのか?

良いんです。

というか、そこがZF矛盾の秘孔なんですよ。

集合セマンティクスを無視して、というか、AC論理式というメタセマンティクスから。

自動生成された集合(3)でもÆ集合になるのよ。

 

抽象化して、(x)ψ(x)で考えれば、自然に納得できるでしょう。

これこそが、決定不能命題を超えたZF矛盾命題の深さです。 

セマンティクスで真なのに証明できないというレベルじゃなく。

セマンティクスを無視して、論理式から自動でÆになる。

この場合の無視の意味が深い。

ZF外なら、何でもOK宇宙。

そういうものがあることは保証済み。

 

これで、

「ZFとは、その理論としての形式公理化に、何処か変な個所がある。」

という感触が得られたでしょう。

この違和感を抱ける脳力が大事。

こういうレベルの数感というか、論理感が従来のプロにはなかった。

しかし、今や、素人でも、論理感が得られたはず。

この奇跡で、ZF矛盾の証明は完璧に終了。

これが、最後の最後の最後の最後の最後の審判。

 

ここから黒死病以上の惨劇が発生します。

ZFが矛盾するのですから、数学証明は全滅ですよ。

これこそが、STAP騒動なんぞとはレベルの違うインフォハザード。

STAPなんか、生物学のほんの一部にしか影響を与えない話でした。

だから、真贋を巡って、喧々諤々の騒動を起こしても、生物学界全体から見れば、大したことではない。

しかしながら、ZF矛盾となると、そうはいかしゃいません。

数学全体、ひいては、科学全体から学問全体に干渉します。

 

だからこそ、逆に、皆、騒がないの。

じっと、身を潜めて、遣り過ごそうとする。 

専門家には、自分の社会的地位が危ないということが判っているからです。

大学を首になるべきなのは、私の方じゃなく、既存の教授連中の方だということ。

コロナなら、何とか制圧しようと世界中が大騒ぎするのですが。

ZF矛盾の場合、密かに処理しようと画策するの。

だから、却って、歴史的大事件になっていくのです。

 

つまり、アルマゲドン。

こういう因子エネルギー。 

腰弁猿が人類の進化の邪魔してるという意識がないのかね。

人類に対する背信行為なのに。

結果として、社会が

「世界同時信用安」

になります。

そろそろ、人口(の飽和限界)に直結する話だと理解しなさいよ。 

覚醒させるためには、やはり、猿に対する神の鉄拳が必要らしい。 

 

というわけで、以下、ZF矛盾の無効化作用の具体例を一つ。  

PA論(ペアノ算術)があれば、不完全性定理は成立するのですから。

意味論の呪縛は論理やAI世界だけに影響するものじゃない。

数学にも干渉します。

例えば、自然数0の意味論とは?

こういうことを考えたことがあったかな、人類は?

算数好きなインディアンには無理でしょう。

この伏線で。

 

最近、日本猿が解決したと世界の権威なるものから認知されたABC予想。

ノーベル賞以上だとニュースになっていましたね。

(ABCで靴屋を連想するのは日本の大衆で。

スノッブなら、クリスティのABC殺人事件の方を連想するはず。) 

私は証明を見てませんが。

どの程度の抽象(中小)理論を使ったのかな? 

ACやADは無関係なのか? 

証明者は脳がタリンから、多分、判ってないはず。

意識すらできてないカモ。 

 

自然数における+(和)と✕(積)の性質の比較なら。

0は+の単位元で。

1は✕の単位元。

どうするのよ、0のセマンティクスを。 

ZF矛盾と無関係だと思うようでは話にならない。 

君の証明は、どの証明場で成立する話なのかな。 

というわけで、素人にも判り易い結論は。

 

山口の注意3

ABC予想の解決証明は

1、間違い

2、未完成

のどちらか。 

 

これが地球の権威を超えた神の宣託。

どうじゃ、私の経済ジャンプの踏み台にされる気分は。

何を神に勝った気分になってるのかな、京大の数理解析研究所ごときが。

というか、白々しいぜ、世界の数学界は。

神のZF矛盾無視して、生きていこうという浅ましい魂胆。

確信犯だな。

こうなると予想していました。

だから、諸悪の根源モリアティ教授だと比喩してきたのですよ。

 

ここで神の一首。

「この世をば我が世とぞ思う、望月の欠けたることもあると明かせば。」  

言っておきますが、私も神の地位懸けて物を言ってるのですよ。

君らも、教授の地位を懸けて反論しなさいよ。

無視したら、それは君らの負けを意味します。 

つまり、学会なんか、無意味で無益だという証拠になるの。

数学会だけで済むと思うなと言ってるのだよ、猿。 

 

いずれにせよ、ABC予想レベルの問題では社会に対するインパクトは浅い。

今回、本当に、ディープなインパクトを与える課題として。

ABCではなく、イロハ問題を設定しておきます。

 

イ、TM論は受理状態の相違によらず同値。

ロ、RF論は初期関数の違いよらず同値。 

ハ、RF論とTM論は計算可能性で同値。

 

これらのイ・ロ・ハは、従来は、常識の部類でした。

絶対的真だと見なされてきたはず。

ところがね、私がイに待ったを掛けたわけだ。 

この

「待った」

の意味が深い。  

相撲じゃあるまいし。

立ち会いのズレ問題じゃないのよ。

 

ここの読者なら、この意味が把握できているはず。 

しかし、新参者には、何を指摘されているのか皆目、見当も付かないカモ。

いつものように、己の狭い視野で判断して、私の主張の方が怪しいと思うのよ。

だから、悪魔なんだよ、君らは。 

これに関する議論は、稿を改めてするとして。

(マネーはまだかいな。) 

 

ここの関心は、

「イが破壊された状況でも、ロとハは無事に生き残るか?」 

これがイロハ問題です。

計算可能性の本質に迫る課題ですよ。  

言っておきますが、イの破壊だけでも常識を覆す成果なんですよ。

判ってきたかな、消滅解の凄さが。 

これで299町目。 

 

*********************

最近の記事

*********************

2020年

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

2019年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

2018年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

2017年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

ここの記事は、当社会長である、山口人生の仕事で、総て、著作権が設定されています。

このシリーズは「PvsNP」問題を解決した歴史的証拠になっています。

なお、2016年までの「P vs NP」問題関連の記事は別のサイトに移しました。

限定読者だけが閲覧できます。