クリックすると目次が出ます。(無料)

 

神言(カミコト)

 

2020年7月28日 (変数の日)

 

6月から、私が、突然、カラオケで宣伝活動を始めました。

https://www.youtube.com/channel/UCoX6tA9ppVFrvuWjbsU8N2g

これは、今更、自分の価値を落としたいからじゃありません。

数学的真理の開示や経済系情報以外の領域で。

世間は、私自身に対し、どの程度、関心があるかの確認作業。

ここから、やがて、宗教の分野に入る準備です。

その後は、寄付を募り、人生賞の制定へと至るシナリオ。

私一人で資金拠出するよりも、他にも参加できるチャンスを与えるの。

その方が、人生賞の価値が高まることが判っているからです。 

 

本当に、人類の役に立つ行為を成すことで、歴史に名を残したい資産家は多いからね。

特に、寄付系の財団なんかを設立した資産家は、皆、そうです。

社会還元で感謝の気持ちを表明するのと、自分の名誉を残したい気持ちが半々くらい。

神は、そんなことは、とっくに、お見通しだ。

というわけで、どうじゃ、ビルよ。

いつまで、バイオや飢餓に献金してるのかな。

ITの御蔭で、資産築けた恩を忘れたのか?

 

一方、金融で儲けても、使うことが無ければ意味なかろうが、バークシャー。

そんな資産は数字に過ぎないぜ。

両者とも、その内、声掛けるから、待っていて。 

他の資産家も、私に声を掛けてもらうことで、やっと、一人前だと認知されることになる。

今までは、そういう序列を創っている最中だったのですよ。

そして、愈々、序列が、完成した。

だって、私が神という歴史を創世したんだから。 

これで、私が、チマチマ、金儲けに没頭しない理由が判ったでしょう。 

 

但し、私は本物の神なんですが、まだ、世間に知れ渡っていない。

その証拠が、ユーチューブでのカラオケ動画のアクセス数。

ここの読者数より、遥かに少ないのですよ。

ここのアクセス数は、毎月、2000〜3000くらいですが。

(最近、少し減り気味。)

これは、判りますね。

世界中の、その道のプロが中心ですから。

素人が見て判る筈がない内容が多いもの。

 

しかし、神ブランドの項目は、一般人でも判るはず。

それを小説並みに、小気味よく書いて読ませている。

その連中も、ユーチューブに来ないのよ。

こちらは、ラファエロ超えるつもりなのに。

仕方ないなあ。

このまま行くと、やがて、ユーチューブを悪魔の棲み処だと認定することになりますよ。

そういう実力なの、神とは。

哀れだから、もう少し、猶予期間を与えましょうか。

 

この為には、真理とは別に、宣伝活動を上手くして。

私のやってることが詐欺じゃない、本物の神だと大衆に周知徹底させなければ。  

もっとも、世間には悪魔が蔓延していて。

神の私にストレス掛けて、顔を醜くすることで。

悪魔として扱いたいという連中が多いけど。

特に、同和が、その見本。

フッ、ハイパー真理に勝てるわけがない。

そういうレベルのことも判らない猿は人類の邪魔だと言ってるの。

 

己の醜い顔が判らないのか、歪んだ鏡に写すと。

哀れよのう。 

昔から、天使や神の顔は美しく、悪魔の顔は醜く描かれるのが相場。

そして、私はハイパー神。

だから、必ず美しく描かれる天命なのですが。 

如何せん、私の場合、キリストみたいに想像で描かれることはなく。

(黒いキリストや白いキリストなんて絵画もある始末。)

ありのままの映像が残っているからね。

 

この歳になって、今更、美神なんて、きついけど。

頑張ろうっと。 

実は、こう思うに至った根拠というか、動機があるのです。

日本の、というか、多分、世界中の、大衆悪魔は。

25歳くらいまでは、大目に見ていても。

30歳過ぎて、美しさを保つ相手には嫉妬を感じるのが通常。

だから、私が目の前で活躍しつつ、美しいのが、どうにも我慢できないの。

よって、集団で問答無用の潰しに掛けるわけだ。

音響兵器まで使うストレス攻撃。 

 

それでも、私は美しいのですが。 

今回、試しに、カラオケの画面で、醜い顔をしてみました。 

その結果、世間の反応は?

予想通り、

「ヤレヤレ、ようやく気持ち悪い顔になったか。

手間暇かけさせおって

これで、もう、追っかけてストレス掛ける必要はなくなった。

醜い、あいつに価値はないな。」

という雰囲気。 

 

実際、ストレスが減ったし。 

フッ、神を舐めるなよ。

あんな映像なんぞ、どうにでもなるんだぜ。

マンコがやるような、写メソフトでの修正ではなく。

本当に、気持ちの問題というか。

睡眠不足の状態で撮影すると、顔に出るし。

後は、光線の具合の問題。

 

お化け屋敷で、顔の下から光当てると、顔が気持ち悪く見える遊びがあるでしょう。

この場合、照明の位置を変えれば、マシに見えます。

実際、次回から、実行して見せてあげます。

顔がマシに見え出すと、若造は憤死するカモ。

自分達の専売特許が侵害された気分になるはず。

私から見れば、そのノッペリ顔で何をホザクかという気分ですけど。

顔に何の歴史も感じられないのが若造。

それで、美しいと思っているのが青いというのよ。

 

「誰が見ても美人というのがいる。」

なんて言ってる美容整形の医者なんかがいますね。

顔の黄金比とか持ち出して説明してるけど。

そんなもの、嘘に決まっているでしょう。

同じマンコが70歳になっても美しいのかな?

パーツの黄金比は変わらないぜ。

30歳で、ブクブク太ったら、どう思う? 

一方、あの不細工な相撲の横綱が、最盛期には、何故、美しく見えるのか?

 

つまり、年齢や体格だけでもないのですよ、美しさの要因は。

それは何か?

その究極の解答を私が提示してあげます。

自分をサンプルにして。

しかし、世間のマンコの惨めさよ。

美しさを求めて、ノッペリ顔を追求していますね。

それで、美しいと信じさせられてるのよ、化粧品会社に。

自己満足も、好い加減にしておいたら。

 

美しいというのはね、私の顔のことなの。

生まれてから、死ぬまで、ズット美の基準。

写真で証拠が残っているものね。

多分、私の死後、写真やビデオは奪い合いになるでしょうけど。

オークションで、どのくらいの値が付くかなあ。

少しは、書も残しておくか。

私の場合、そこらの資産家みたいに、芸術家の作品なんか集める必要がない。

私の方が原稿や書を残す身分だから。

 

というわけで、カラオケビデオですが。 

実は、今までの映像は、女性コンサルタントに撮影させていたのですよ。

普通なら、その方が、より綺麗に映ると思うでしょう。

しかし、私の場合、そうじゃないの。

相手の嫉妬が、自然に撮影に反映されるの。

だから、自分で自撮りするよりも、拙くなる。

 

歌の声も同様です。

スマホで簡易撮影してるわけですが。

内蔵マイクなんて、ほぼ玩具の部類です。

しかも、顔を撮影するため、カメラから一定の距離を保つ必要がある。

その所為で、声が拾えませんね。

そこの処の具合というか、距離感が大事なのですが。 

変な声の録音仕上がりになっています。

スタジオじゃなく、音響効果の悪い自室ですしね。 

 

これ、音量の調整だけはしてますが。

他には、何も細工していない、そのままの状態。  

それを、態と、そのまま、アップして、公開する私の自信。 

まずは、世間の悪魔調査をしておいて。

すぐに、逆転する実力があるからです。

今まで、ここの記事で、繰り返し実行してきたことを、ビデオでもやるの。

 

というわけで、次回は、スマホじゃなく、絶滅危惧種のデジカメで撮影します。

差が出るかどうかに注目。

問題は、機器からの距離ですが。

今までは、その調整期間中。

次回も、試しますが。

それでも、やはり限界というものがあります。

どうしても録音声が小さくなるから、仕方ない。

 

一方、顔の見映えについては、どうなるか? 

というわけで、能書きはこのくらいにして。

実際、顔や歌声が、どうなるか、お楽しみに。  

芸能人じゃあるまいし、絶対に、ビデオに細工しません。

顔に化粧もしない。

体調と光線の具合だけで勝負します。

マ、私から出る後光が邪魔なんですが・・・。 

 

言ったはずですよ、70歳で20歳と美的勝負すると。 

私は芸能人じゃないので、表面的な美だけ追及していません。

神の味が出た美しい顔になる。 

私の場合は、自信と脳力が顔に出るわけだ。 

この意味が判るようになるまでは、君らは青いのよ。

だから、ビジネスでも、表面的な処だけ見て、失敗するの。

そんなもの、直ぐに、萎むに決まっているでしょう。

マンコの顔みて、学習できないのかよ、猿。

 

歌というのは、元は、宗教儀式と関連していました。

だから、芸能人ごときに、神の私が負けるわけにはいかないの。

私に勝つ自信のある歌手は名乗り出てね。

本当に勝負してあげるから。 

場所はコンサートでも、スタジオ録音でもいいですよ。

勝てると思っているのかね。

今までの生きてきた経緯というか、生き様が違うだろが。

つまり、味が違う。

絶品なのよ。 

 

そこらの有象無象の歌手相手にするのは時間の無駄ですし。

私も有名人ですから、相手の宣伝に利用されたくない。

よって、我こそはと思うプロは私に勝負を挑む前に。

私が歌っている状況と同じマイク無し環境で、自分も歌ってみた方が良いですよ。

自分が、どれほど下手か悟れるから。 

これで303町目。 

 

ここから、ハイパー神商に。

今回も不動産ビジネスの話から。

私の物件に入居者を入れずに、福祉を、どうこう論じるなかれ。

だって、私は神ですよ。 

ソッチが無視したら、コッチも無視する。

そういう力関係だと言ってるの。

米中の覇権戦争よりも影響力は大きいですよ。

なにせ、

「神 vs 悪魔」

だから。

 

当然、私が勝ちます。

今回は、その一例としての局地戦を。  

もう日本の不動産ビジネスは駄目でしょう。

斜陽産業になった。

神に見捨てられた産業。

全部、新潟の所為。

こういう因子エネルギー。 

判ったかな、新潟よ。 

 

但し、高知市帯屋町だけは例外。

神の生誕地だから無敵だ。 

前橋のプラトン白亜は留学生寮として、ほぼ満室ですが。

新しく来る留学生は、コロナで、どうなるか、判らない状況。

それでも、すでに国内にいる外人も多いので。

元締めのパーキ派は、新潟ではなく、都内に攻め込むらしい。

神令を聞かないで、目先の利益を優先させる姿勢。 

 

それでも、私は新潟の物件で儲けますよ。

なにせ、エタボノだ。

今から先の落ち目日本では、高級物件は、都心の一部しか需要がないでしょう。 

一方、安い家賃の需要は、ますます増えるはず。 

住宅確保要配慮者がいるからね。 

市役所も、そういう大家を求めているし。 

で、大家として、どちらがビジネスになるかです。

 

言っておきますが、無料・低額宿所じゃないですよ。

サ高住並みの仕上げです。

それどころか、ある意味、高級設備です。

なにせ、元がラブホですから。

いっそのこと、福祉系の施設にしようかな。 

すでに、組む相手はいます。

高知市の本町3丁目(白亜第五ビル)と札幌市の豊平区美園で組んでいるので、実績がある。 

双方、気心が知れて、信頼関係ができているということ。

 

ここと組んで、新潟市にベースが出来ると。

1時間で行ける長岡でも手が組めるはず。

幸い、私は、長岡に福祉施設にピッタリの旧社員寮を保有しているし。

隣の倉庫も、リノベすると、福祉施設に仕上げることができる。 

ただ、この倉庫の方は、リノベして、データセンターにすることも可能です。

今から先はAIやビッグデータで需要が増えるし。 

 

すでに、データドックとかいう会社が、長岡で営業中です。

連中、何故、長岡にデータセンターを新設したのかな?

開設は私が長岡で倉庫物件を手に入れた時期より後ですよ。 

マ、当社の場合は、ライバルよりは、安い料金体系にするからね。

なにせ、土地仕込みの段階で差が出るし。 

リノベ代金も、今までのノウハウで抑えることが可能。  

建物敷地内に、洒落たカフェテリアなんか設置しませんよ。 

 

中規模の災害用バックアップセンターの位置づけ。

つまり、普段の常駐者なんか極力減らすスキーム。

だから、勝つわけですが。 

さて、何処と組むかな?

こちらの仕上げは、少し、コストがかかるからね。

まだ、検討中です。 

 

流行を言うなら、今から先は物流倉庫自体、需要が出るカモ。

なにせ、栃尾には、あぶらげはあっても倉庫がない。 

長岡の中心地からみれば栃尾は、一山越えた郊外だけど。

そもそも、合併前は、独立した市だった土地柄。

栃尾にも、まとまった人口が残っています。  

物流拠点を長岡に集中させるよりも、長岡と栃尾に分けた方が市内配達効率は良いカモ。

誰かシミュレートしたかな?  

 

人口・距離・倉庫サイズがパラメータですが。

現在の車配達でも、将来のドローン配達でも、適用可能なスキーム。

こういうモデルのことを考える猿がいないようなので、私が提示しておきます。

当然、猿が好きな一般化ができます。 

他の街についても、適用可能な思考法だということ。 

黒いネコでも、青いネコでも、神と組むネコは良いネコだ。

 

さて、この発表で、今後、物流倉庫は、どうなるかな。 

日本経済の動向調査を兼ねたビジネスです。 

倉庫の方なら、建築費はリフォーム代で済みますが。

家賃も、それなりに少ない。 

一方、福祉系にリフォームすれば、かなり大規模の施設に仕上がります。

こちらは、中レベルの費用で、中レベルの家賃。

データセンターに仕上げると、設備系に金かかるでしょうね。

エアコンとか、電気系統とか。

さて、どうしようか? 

 

いずれにせよ、日本の一般不動産業は斜陽だけど。

私の物件だけは大丈夫。

こういうことが、物件仕込みの段階で、予想できるかどうかです。 

少なくとも、将棋の先読みよりは難しい。

未来予想だ。 

これが、ある程度、大雑把に把握できるのよ、論理で。 

全知全能の意味が判ってきたかな?

違いが判る男のゴールドブレンドよ。  

 

マ、その割りには、まだ、プライベートジェットに乗れてないけど・・・。

この事実関係を、どう思うかです。 

序列が判らない猿が多すぎる。

社会秩序が保てなくなるぜ。

孫のように、大風呂敷広げて失敗するタイプじゃないですが。

私はチマチマビジネスが好きなわけじゃありませんよ。  

上からビジネスなので、当然、世界一の金持ちになるべきだと言ってるの。

 

ポイントは

「マネーは情報、というか因子エネルギーに勝てるか?」  

例えば、このサイトの別ページの情報の表示の一部が。

スマホやパソコンに依存して、文字の大小がチグハグになっています。

元のサーバー内の記事は、全部、同じ設定にもかかわらずです。

つまり、ある種のハッキング攻撃ですね。

こちらとしては、手の打ちようがないのですが。  

(それとも、OSのバグか?

最近のWindows10は酷いから。)

 

こういう現象は、MS相手に、環境転送で、文字の大小問題を取り上げてからです。

ということは、ホワイトインディアンが犯人の可能性大。

それとも、日本の同和か。

いずれにせよ、こうばらすことで、こちらも攻撃し返すのよ。 

神舐めるなよ、その顔で。 

頭悪いのに、いつまでもノサバレルわけなかろうが。 

歴史知らないのかよ。 

 

君らは、自分達だけ気分良く暮らしたいだろうけど。

そうはさせないと言ってるの、神の私が。

だって、まだ、私に金払ってないでしょうが。

払わず済むと思っているのかね。 

染みるまで、広告繰り返すぜ。

本物だから、やがて、それが流行し出すからね。

というか、世界の標準になってくる。

 

覚悟できてるのか、ホワイトインディアンよ。

他人事じゃないぜ、チャンケロ。

香港で、数年前から自由化デモが起きていましたが。 

私の自由集合の力を利用しようとした雰囲気が。

こういうのを肖りデモというの。

これは、ISと似た現象。

で、ISは、あのように鎮圧されたわけで。

香港デモも、結局、法律制定+施行で鎮圧されました。 

 

私が言ってる

「秩序が保てない」

とは、デモや暴動レベルの話じゃないのよ。

革命すら超えている。

世界大戦よりも大規模。

ヨハネの黙示録レベルの空前絶後の歴史的大事件。  

プーごときが、どうこうできる話じゃないの。  

 

だって、私が

「プーは中国の邪魔だ。」

と一言言えば、法律適用されるのは、私の方じゃなく、プーの方。

そういう序列。

コリャなんぞ、しょっちゅうやってるでしょう。

日本でも、安倍に適用中。 

しっかし、東洋のユダヤも鈍い脳。

まだ、首切れないのかよ。

 

後、残るは、米国の黒人人権デモか。

さーて、どう処理する気かね?

バイデンに出来るのか?

かと言って、トランプじゃ、火に油を注ぐようになるカモ。 

ウォール街占拠みたいに、冬まで待つか。

デモするには寒いから自然消滅したものな。

99%は柔な連中だ。

それとも、コロナみたいに続くかな、来年まで。 

 

ここで、一番大事なことを再度、伝えておきます。 

デモするなら、スローガンを

「山口人生は神だ。」

とか、

「山口人生に金払え」

とか、

「山口人生がZF矛盾を証明したことを正式に認めろ」

とか、

「『P vs NP』は山口人生が消滅で解決したことを正式に認めろ」

なんてすべきなのよ。

 

それが人類の為で世界の秩序。 

それを、自分達の都合の良いように捻じ曲げて解釈しておいて。

デモを起こしても神が味方するから大丈夫だと妄想する。 

この世には、その種の無視ケラが多い。

しかし、それは、あくまでも妄想であって、猿の安全は確保できない。

それが判らないらしい。 

今回の記事で、黒人デモが冬前に下火になれば、私の御蔭だな。 

大統領レベルではできないことができるということ。

これで304町目。  

 

ここからハイパー論理に。

前回は、相対的Vなんていう新概念を仰々しく定義しておきましたが。

結果は、今まで、すでに指摘してきたことの焼き直しで。

大したことは無いと思った猿も多いカモ。

そもそも、ラベル化ZFの矛盾証明に、相対的Vなんか不要のはず。

何故、あんな伏線張ったのか?

それは、今から先、追々、判るようになりますが。

取りあえず、YJの基本思想の範疇では。

相対的Vの副産物として、

 

人生の基本思想1

AFは相対的Vに関する公理。   

 

と見ることができます。 

これを、反対側から眺めると、

「AFにはÆのパラドックスが干渉する。」

となります。

こういう見地が大事。 

ZFの、何処を、どう直すかですよ。

 

歴史的事実関係を指摘しておけば。

フォン・ノイマンは、ZFの矛盾に気付かなかった。

つまり、人生の基本思想1には到達できてなかったの。 

これで超えたな、フォン・ノイマンを。

彼も天才なんですがね。

天才にも序列があるということ。  

私は大天才、というか、唯一絶対神。

空前絶後というのは私のこと。  

 

このように、大事な真理を前回に収めず、態と、先延ばししたのは。

ページ数の関係だけじゃなく、いつものように、猿を罠に掛けるためです。

わたしの悪口を言う習性が浸み込んでいるから、自殺行為になる。

アホ相手にするには、一番、効果的ですね。

こうこう、何回も逆転されて。

未だに、己の愚かさが身に染みないと。

自分が嫌になるでしょう。

 

脳のある限り、苦しみから逃れられない鬱状態。

ところが、本物の猿になると、そういう風には感じないの。

未だに、復讐というか、勝つ気で、私の物件に手を出したりするのよ。

前橋のネパール猿とかです。

だから、中印で国境紛争が起きるのよ。

そういう因子エネルギーだと悟れないの、猿だから。 

自分達が直接関係する入管の反応になるまで判らない。

 

というか、入管で制限されても、まだ、ポカンとしている始末。

哀れなふりして、入管でストしても、どうこうなる話じゃないのにね。

騙されたくないという審査官の先入観の問題だから。

逆に言えば、前橋でキチンと人並みに生活できれば、審査官の心証も変わる。

私が神とは、こういう意味でもある。

天網恢恢疎にして漏らさず。

  

この導入部から、今回は、変数に纏わる話題を。

以下の内容は、ACやADやAFが、どうこう言う以前の問題です。

世界のトッププロなら自分らの根本的間違いを悟るヒントになるカモ。

それでも、ZFの矛盾を訂正、というか、改訂というか、変革できない。

なにせ、脳がタリンからねえ。 

論理の本質が判ってないの。 

私以外は、未来永劫無理よ。

そう預言しておきます。

 

それなのに、未だに、神に金を出さない。

何の為にあるんだ、マネーは? 

苦しめ、悪魔。

というわけで、猿の惨めさを暴露しましょうか。

では、宙爆いきます。 

 

今回も、ZFの破綻の具合というか感触を、更に別方向から探ります。

以下、Δ表現を議論の対象にします。 

ZFにより集合として定義されるΔの部分集合をUN(ZF)とし。

一方、プロパークラスとして定義されるΔの部分集合をPR(ZF)とします。

ここで、Vの絶対性の話が効いてくるのよ。

プロパークラスにも、

「絶対的プロパークラス vs 相対的プロパークラス」

というものが定義できることくらいは判るでしょう。

 

この場合、

「絶対的プロパークラスはZFに依存するのか?」 

Vで考えれば明らかなように。

{x|x=x}はZFで考えようが、ZFCで考えようが、プロパークラスですが。

Δの領域としては差が出るのか?

集合なら差が出ることは明らかですが。

プロパークラスの場合、どうか?

 

個別に考えて。

「ZFで考えるとプロパークラスなのに、ZFCだとプロパークラスにならない。」

ものはあるのか?

逆に

「ZFCだとプロパークラスなのに、ZFだとプロパークラスにならないものは?」  

 

ここで、導入部の、AFから類推して。

Æになるケースを考えるでしょうけど。  

フッ、そのÆは空クラスじゃないの?

勿論、空クラスをプロパークラスと呼ぶかどうかの問題が残りますが。

そもそも、Æになるのは、相対的クラスの方。

それがZFとZFCで異なるのは明白です。

 

しかし、今は、絶対的クラスについて論じています。

{x|x=x}なら異なるって? 

フフン、順序数全体のプロパークラスORDなら、どうかな?

基数全体のCARDなら? 

ここで、集合論の初心者なら、CARDは不変だと感じるはず。

しかし、到達不能基数まで来ると見える世界が違ってきます。

そこで、再度、独立公理が量産され出すわけですが。

 

逆に、

「これが到達不能基数の特徴なのでは?」

と考えて。

「だったら、到達不能基数なんて無いのでは?」

こう考える方向で探るヒントになるカモ。

だって、CARDの基準になるORDの方は差が無いようにも見えるし。

というか、

「ORD=最初の到達不能基数」

が成立しているようにも感じる。 

 

君の数感というか論理感の限界を探っているのよ。

どうですか、このようなアプローチは。

勿論、全部、神の私が提唱者です。

私がZF矛盾を証明したと正式に認めない限り勝手に盗むなよ。

このように、様々な課題が噴出してくるのよ。

この伏線で、以下の議論を考えてください。

当たり前なんぞと、口が裂けても言えなくなるはず。

 

仮に、UN(ZF)やPR(ZF)がキチンと設定されていたとすると。

集合変数xとクラス変数Xを峻別することで、

{xUN(ZF)|x=V}=Æ  

{XPR(ZF)|X=V}≠Æ・・・(1)

が両立するモデルも存在し得るでしょう。  

しかし、この気分にも、パラドックスの種が潜んでいるのです。

 

論理の基本原則として、

「変数の自由性」

があります。

「ψ(x)の変数xを、ψ(x)内に出現しない変数Xで置き換えて、ψ(X)としても、両者は論理式として同値。」

というやつで、数学の至る処で採用されます。

この原則、論理学的には常識の部類だと思う猿が多いカモ。

それが、己の脳タリンの証拠だとも悟れずに。 

 

この点は重要なので、後に詳しく論じますが。

とりあえず、

「集合 vs クラス」

の視点に絞って見て行きます。

ヨーク目を凝らして、真理を掴みなさいよ。 

 

一般に

S)(y)(yS ↔ x=y)・・・(2)

からS={y|y=x}={x}

vs

S)(y)(yS ↔ X=y)・・・(3)

からS={y|y=X}={X}

なのですが。

(2)と(3)は論理式として同値です。

 

ゆえに、

{x|x=V}={X|X=V}

は成立するはずですね。

しかし、なまじ、クラス理論を齧ると両者は違うように思えてくるの。

基本思想で、

「変数Xはクラス用」

と刷り込まれるからです。

その証拠が、上の伏線(1)。 

 

これに対し、

「(1)は超クラスになるから排除する。」

という基本思想を採用したのがZF猿。

しかし、どうやって排除するの?

哲学じゃないのよ。

そもそも、これがキチンと公理化できなければ話にならしゃいませんが。

公理化した瞬間、独立なので、(1)が成立する立場も登場するでしょう。

私は、ここまで読み込んで、話をしてるのよ。

 

ZFでは制限領域UN(ZF)を陽に採用すれば、辻褄が合うように思えますが。

UN(ZF)なんて、集合論やクラス理論の何処にも出現しないでしょう。

だって、定義できないのよ。

それを、恰も、定義できたかのように考えるから、本質が見えなくなるの。

一番大事なポイントは

「集合論やクラス理論をΔ理論上で考えてない。

それにより、自由変数の制限領域を陽に指定してない。」

という事実。

 

従来の、どのZF公理も変数の領域指定してないでしょう。

ZFで範囲を決めていたと思っていたわけだ。

しかし、そんなことは無理。

重層構造なのよ。

エルブラン宇宙が無いんだから。 

Δは判っても、UN(ZF)が不明。

だから駄目だと判らなかったレベルの脳力だったの、従来のプロは。

というわけで、まとめると

 

人生の集合変数原理

(普遍枠で集合論を構築する場合)集合{x|φ(x)}の変数xには、制限領域Δ(?)が必要。  

 

この背景には、

「集合論?が成立できれば、Δ内に翻訳して、Δ(?)領域が確定する。」

という真理が控えています。

勿論、?の候補にZF論は駄目ですよ。

では、どのような理論になるか?

循環せずに、無事、構築可能か?

徐々に、真理に近付いてきたな。

 

今回は、クラス領域の観点から、感触を探っておきました。 

その目的は、ÆのパラドックスだけがZF矛盾の原因とは限らないという点の確認作業。

なるほど、ÆとVは両極端で関連しています。

物理で比喩すれば、量子論と宇宙論。

極微は極大に通じるものがあるのも事実です。

しかし、量子論だけでは宇宙論は把握できない。

その集合論版というか、数学理論版が

「相対的Æ vs 相対的V」

の定義の差です。 

 

ZFは矛盾するので、クラス理論BGも矛盾します。

つまり、BG論なんてクラス理論を考えた時点で、ゲーデルの思考限界が露呈したわけだ。

一方、神の私は、その限界を突破しました。

つまり、私はゲーデルを超えているの。 

その証拠が、相対的Æと相対的Vの提示だったとは。

単純真理に深遠な秘密が隠されているのですよ。 

物理の普遍枠なら、F=mα とか、E=mC2とか。

 

ちなみに、物理の

「光速不変」

よりも、数学の

「ZF矛盾」

の方が人類にとって影響力は大。

素粒子論(量子論)よりも、消滅解の方が深淵。

脳が強制された、というか、去勢された猿には知る由もないのであった。

好い加減で悟れよ、私が神だと。

これで305町目。 

 

*********************

最近の記事

*********************

2020年

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

2019年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

2018年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

ここの記事は、当社会長である、山口人生の仕事で、総て、著作権が設定されています。

このシリーズは「PvsNP」問題を解決した歴史的証拠になっています。

なお、2017年までの「P vs NP」問題関連の記事は別のサイトに移しました。

限定読者だけが閲覧できます。