クリックすると目次が出ます。(無料)

 

神言(カミコト)

 

2019年5月28日 (ADの日)

 

最近の風潮で憂慮する事態が起きているので、それを公開しておきましょうか。

先日、みずほ銀行秦野支店の駐車場で。

障害者が、私の駐車の仕方に文句を付けたの。

そこは軽を停める場所だから、駄目とか。

いつから、障害者マークの位置に陣取って。

私の来るのをジット待っていたのかは知りませんが。

その物の言い方が生意気なのよ。

何時の間にか、この世では、障害者の方が偉くなったかのように錯覚しているとしか思えない。

 

そういう御時世なのでしょうね。

これほど、パラリンピックの宣伝してるんだから。

ほぼ、オリンピックと同格の扱いでしょう。

ハンディがあるので、全然、速くもないのに。

これ、少し、行き過ぎなのでは?

それほど福祉予算が余っている国じゃないでしょう。

 

生意気な口の利き方したので、こちらも言い返しました。

「五月蠅い、片輪!」

と。

すると、怒ったな、放送禁止用語使ったので。 

自分達の障害正義に反する相手は、神でも許さないというタイプ。

こういうのを定義により、悪魔と言うことが判ってないの。

チャチイ正義感で人類の救世主を測ること自体が間違いなのですが。

このサイトで、その事実関係を公表してきたのに。

未だに、それが把握できてないらしい。

 

自分が神に勝ったと思ったのでしょう。

銀行員を呼んで、騒ぎを大きくしようとしたのですが。

こちらは、

「お前の物の言い方が気に入らんから言い返した。」

と突っぱねると、何も反論できなくなった。 

要は、物の言い方レベルの喧嘩にしたの。  

その場は、それで収まったのですが。

なにせ、こういう連中は仲間意識が強い。

 

で、その数日後、どういう影響が起きたかというと。  

秦野から遠く離れた札幌において。

私の物件に入っている精神病系の社会復帰組み入居者の部屋で。

風呂のバスタブにヒビが入り、下の階で水漏れが発生したという報告が。

写真を見ると、確かに、ヒビが入っています。

そして、このヒビは、前から入っていたと言い訳する始末。

しかしね、水漏れは、それまで 発生してなかったのよ。

突然、発生し始めたのに、以前からヒビがあったと言い張るの。

それが通用すると思うレベルの脳になっているわけだ。

 

で、最終的に、この突発的事故を、

「こちらの保険で払うか、相手の福祉系組織の保険で払うか?」

の話になり。

こちらも、大家の寛大さを見せて。

取りあえず、こちらの保険で対処することにしましたが。

相手は図に乗って、同じ組織の(精神病)入居者の別の部屋で。

今度は、便座が割れたという報告が。

これも、前から割れてたと言ってくるほど、イカレテいるの。

前から割れてたなら、とっくに、報告しているだろう。

今回、遠慮なく報告してきたんだから。

 

これ、組織側は、続け様に何が起きてるのか判ってない。

だから、何とか、常識の範囲で解釈しようとするわけですが。

(ヤナセ民族の哀しいサガ。)

相手は、精神病ですよ。

どちらの主張を信じるかですが。

管理会社は、自社系工事会社の見積もりを出すから。

工事イケイケの信用グチャグチャ状態。

 

保険会社まで絡むので。

今回、こちらに支払った保険会社は、相手の保険会社と交渉する可能性が。

その結果、誰かにツケが回るカモ。

こういうことが判ってないのよ、社会の仕組みとして。 

だから、コッソリと手が出せると妄想抱いているの。 

こちらとしては、最終的には、訴訟起こして、賠償金を取り、個別に追い出せば良いのですが。 

その背景に、秦野の障害者仲間からの連絡があった可能性を指摘しておきたいわけです。 

 

で、ここから、世界レベルの話に拡大させると。 

実は、前橋市にも、当社は物件を持っています。

ここは障害者ではなく、外国人留学生用の寮に仕上げています。

その入居者はネパール人なんですが。

やはり、そちら系の人間が電車内で、私の観察をしていたという事実関係があって。

多分、大家の資質というか、人間性を調べていたのでしょうけど。 

私は、電車では、同和のゴミ相手に、戦争しますからねー。

一見、生意気なトンデモに見えたカモ。

浅いな底が。

 

注意:

そもそも、電車に乗ること自体、私は気に入らないことが判ってない。  

私が車で移動すると、いつも渋滞するのよ。

これは、市民レベルで、私の姿を拝みたいからでしょう。

「車を使わず、電車に乗れ。

我々が相手してやるから。」

という意思表示と解釈するしかない。  

だから、車内で市街戦してるわけです。

パイの投げ合いじゃなく、ストレスの掛け合いね。   

 

その結果、やはり、立て続けに、便座が割れたという報告がありました。

すでに、昨年から入居者がいた部屋なのですよ。

引き渡す時には、ひび割れは無かったし、

割れているというクレームもなかった。 

そこに、5室か、6室発生ですよ。

露骨だな。 

あのね、便座なんてものは、普通の使用状態では、そんなに簡単に割れるものじゃないのよ。

 

乱暴に上げ下げすると、便座下の4個のクッションプラスチック(の一部)が破損し。

やがて、便座のヒビに至ります。

それ以外に、理由なし。  

年数が経っているので、劣化していたとか言い訳してますが。

そんなもの、言い訳にはならしゃいません。

それが証拠に、私の家で使用している便座は30年間、ヒビ割れ無しですよ。

実家の方では49年間ヒビ割れな無し。 

 

実は、それ以外にも、窓の故障の問題も発生しています。

この建物は、元は、ビジネスホテルで。

窓は出窓式で、最大に開けると、ロックが掛かる仕様。

閉じる時には、ポッチを押して、ロック解除の必要があるのですが。

それに慣れてなかったらしいのよ、ネパールの留学生レベルでは。 

無理に閉めようとすると、ロック装置が破損します。

その結果、サッシ部分が歪み、窓が閉まらなくなる。

 

で、昨年の新規入居者が入った直後に、5部屋くらい窓が壊れました。

急いで、管理人に、窓の開閉の仕組みを説明すると。

それ以後は、窓の破損は起きなくなったのですが。

初めから壊れていたと言ってます、相手は。

こちらは、金額が高いので、現在、責任の所在について訴訟中。 

要は、金額の配分の話。  

これは自動車事故なんかと同様の課題ですが。  

 

別の具体例を挙げると。

大勢で使う洗濯機は、1年で壊れたものもある。  

何を言いたいかというと。 

ネパール人は器具に対する扱いの繊細さの基準が違うんだ。 

文化の問題とも言えるな。

(わざとの可能性も大ですが。) 

 

但し、日本でも、精神病が蔓延してきたので。

同じレベルに成りかかっているという結論です。

どう思うかな、日本の、この現状を。

こういう調査結果を報告するのが神の仕事であり。

その結果、出来上がるのが神ブランドです。 

どうじゃ、同和。

痴鬼ごときが、一人前の気分で近寄って来るんじゃない。

 

霞猿の所為で、今や、日本人全体が令和状態。

これこそが、国を滅ぼす悪魔の仕業。

全員が悪魔のわけないけど、区別が付かないな。

同和(非人)と霞猿(エタ)の顔が区別付かなくなってきているし。

霞が関歩くと、良く判る。

これで261町目。 

 

ここからハイパー神商に。

予告通り、

「株式会社 インターナショナルインテリジェントインフォメーション」

は社名変更し、

「株式会社 人生」

になり、セーシェルに新会社

「International Intelligent Information Inc.」

を設立しました。

これで、組織の準備完了。  

 

一方、特許権は、旧会社から個人に(売買で)移しました。

やがて、機を見て、個人から、新会社に(売買で)移します。 

訴訟では、私が陣頭指揮しないと、ケンタウルスのMSには勝てません。

弁護士では、技術的にチョロマカされるだけ。

ということで、勝訴時の特許権は新会社にありますが。

その勝利には、発明者の私の貢献大。 

よって、弁護士+ファンド費用を除いた賠償金から、どのくらい私個人に支払うか。

今から先は、この課題が残ります。

(半分くらいとか・・・。) 

 

これは、今、決めず、訴訟中に、状況に応じて決めます。 

その準備として、訴訟中、私は日本に住所を残さず。

海外に引っ越します。

当然、個人所得税(や贈与税や相続税)が無税の国に。

勝訴後は、どうなるか未定ですが。

判決までの裁判中は、米国に近い、コスタリカ当たりに住むカモ。

(テレビのバラエティでやってたな。

豪邸でも家賃、安そう。)   

 

裁判中、日本から通うよりも近くて便利です。   

ここから、日本や米国に行ったり来たり。

年間、半分以上は、海外在住。 

そして、しかるべきタイミングでドバイか何処かに。

但し、日本にも帰りますよ。

後継者としてパートナーを育てる必要があるから。

経営者育成ですよ。

 

私の会社は他人や親戚にM&Aはしない。 

女性陣だけの、秘書室+経営企画室を創り。  

資産承継のため、パートナーと子供を作ります。

今更、結婚はせずに。

何人かに、跡継ぎを産まし、認知する作戦。

あと、10年くらいは、大丈夫かなあ。

老いてマスマス盛んよ。

大河の流れで家康を超えたぜ。  

こういう作戦です。

 

勝った後、IIIの資金の一部を、税金覚悟で日本に還流し。

資本金千億円規模の新会社設立します。

やる仕事がB‐embedの普及。 

よって、多分、新会社名は

「B‐embed」

この会社が上場後は、当然、1兆円超えるはず。 

同様に、米国でも上場し。

10兆円企業になる。 

 

ざっと、こういう計画。 

さーて、実現に向けて、忙しくなるのう。 

新会社B‐embedの株は、IIIの持ち分。

よって、私の資産。

これをベースに、証券会社が、どう扱って、上場株数を決めるか。

どうじゃ、ソフトバンクよ。

他人の褌で相撲取るのと違い、遅くはなったけど。

最後に勝つのは、私だぜ。

 

私は、ここで、神と豪語していますね。

その所為で、今一つ、信用できないという猿も多いのですが。

それで引くような相手には、こちらから断ります。

だって、1兆円のビジネスですよ。

常識の感覚で接していては話にならない。

日本国籍で、MS相手に、特許侵害で損害賠償金を取るなんて。

私以外、無理でしょう。

実際、欧米のベンチャーでも、勝ったのは、数件に過ぎないし。

 

一方、私の場合は、勝てます。

だって神ですから。

その為の準備に20年掛けていますし。

それでも、訴訟費用30億円が集まらなかったら、どうするか? 

その時には、借りますよ、銀行から低利で。

だって、家賃年収1億円になる実物資産持ってるのですから強い。 

今、銀行は、安全な貸出先が見つからず、困っている状況。

この先、増々、先細りの業界です。

運用実績のある相手に貸したいでしょう。  

今は、少し借りて、お付き合いの実績作っているというシナリオ。 

 

10億円を20年で借り。

不動産で運用して、年1.5億円稼ゲバ。

訴訟費用は賄えます。

その為には、会社としての資産承継問題があります。

だからこそ、複数のパートナーに子供を産ませるのよ。 

つまり、遊びや冗談で、愛人を募集してるんじゃないの。

ビジネスです。

だから、相手も、堂々と胸張って、私と付き合える。

但し、経営者としての仕事してもらうけど。

 

これにより、私が経営者に仕込んだ母+子が集団で資産を守る戦略。

パートナーを一人に限定しないのには理由があります。

イジメなんかの可能性も考え、危機管理というか、安全度を上げる作戦。

日本以外で育てる可能性も視野に入れてます。

冗談じゃなく、本気です。

それが出来る立場であり身分なの。

散々、私の邪魔をしてきた悪魔も多いのですが。

今更、誰も、文句言えない。

 

で、最後に、信用格で、一番、大事な話を。

サムスン同様、ファーウェイに手紙を出しておきました。

 

ファーウェイ

 

フッ、どうやら、猿にはPen Phoneの価値が判ってないらしい。

よって、次回、判らせます。

それが、ひいては、環境転送の素晴らしさ理解に通じ。

最終的には、対MS訴訟の勝利に繋がると思うからです。 

道草を食ってるわけじゃないのよ。

散々、3Dテレビで失敗した

「ド盲目サムスン」 

とヒント書いてきたのに、まだ悟れないのか、猿には。 

反応しないのは、己の脳がタリンからだと、次回判るという作戦。

 

次回、戦略格爆弾を落としますよ。  

かの、猛威をふるったタバコですら、神の私が目を覚ましてやると。

ほぼ、消滅に向かいつつありますね。

あれは、アメリカインディアンに騙されたロッパが。

国に帰り、異国情緒で、得意げに吹聴した挙句、大流行したもの。

当時の軍隊は、徴兵制ではなく、貴族制でしたからね。

下層階級は憧れるのよ、上流階級の流行には。

似たような現象がスマホでも起きたのよ。

その事実関係が判ってないの、猿には。

 

というわけで、次回までに、アップルにも手紙を出します。

悪魔の誘惑に負けた齧りリンゴも、調子に乗りおって。

株価はi‐Mac時代から、何倍に膨れ上がっているのかな。

上がれば、下がるのは世の習い。

自然界の摂理で、人間(猿)社会の道理。

そろそろ、鍍金が剥げ始める頃合いだな。

その引き金を引いて上げましょうか。

 

これで三社、同待遇。

無視ケラの行く末が楽しみだ。

三社三洋の成れの果てカモ。  

判ってるのか、バークシャハザウェイ。

他人事じゃないぜ、FANG。 

例えば、かつて、世界No.1だった日本の電気メーカの場合。

 

NECなんか、私が在籍していた時代が最盛期で。

今の売り上げは、当時の1/2くらいか。

さーて、従業員数の推移は、どうなるかな?

株価は、当時の1/8レベル。 

それを、10株を1株に転換して、同程度に見せている始末。

世間的に誤魔化している惨めな状況。

それで、よく、恥ずかしげもなく、素知らぬ顔してテレビでCF宣伝するよなあ。

相変わらず、マトモな会社の振りして。 

 

マトモという用語は、当社のような会社のことなのよ。

それが判らんか、言葉で生きる創価学会レベルでは。 

東芝も同類、富士通も時間の問題。

シャープは中国の子会社化。

どうじゃSONYよ、気分は。

1億円以上の役員報酬出してる場合か。

1億円以上というのは、私の属する階級の報酬レベルだぜ。

 

今から先は電気業界だけじゃ済まんぜ、金融系よ。

どう感じるかな、ドイツ銀行は。

不動産業界も似たようなもの。

とりあえずは、中国か。

何をやってるのやら、ファーウェイは。

「円弱、いずくんぞ、広告の志を知らんや。」

この空爆の因子エネルギーや如何?

これで262町目。 

 

ここからハイパー論理に。

「集合論の宇宙はΔではない。」

これが集合論の基本原則ですが。

このレベルで判って無い猿が多すぎる。

ZFの宇宙はΔだと錯覚してるのよ。

その所為で、ZFの矛盾が把握できない始末。

フフン、だから地球はアホ猿の惑星だと言ってるの。

 

君らは、ZFの標準モデルの宇宙Vを何と心得ているのかね。 

V={x|x=x}自身はプロパークラスですが。

Vがプロパークラスを含むと仮定すると矛盾するわけで。

それを回避するために構築したのがZF。

だから、原理上、ZFの宇宙Vにプロパークラスは含まれないの。

この所為で、Δの部分クラスとしてのVは再帰的に定義できないことに。

まず、この事実を肝に銘じなさい。

今回は、この事実関係が出発点になります。

以下、更に深く分析していきましょうか。

 

私がZFSET(x)というメタの命題を定義して。

「ZFにおいて、ZFSET(V)はNo。」

と言ったものだから、新猿は、忽ち、誤解するのよ。

「みろ、プロパークラスVもZFの対象だ。

実際、集合と仮定して矛盾することが証明できる。」

と言い出すカモ。

フッ、それこそが、ZF矛盾の要諦だと知る由もない猿が。

そこに根本的な誤謬が潜むと認識できずに。

 

そもそも、ZFSET(x)というメタ命題はΔ理論の命題です。

だから、プロパークラスも超クラスも、全部、ひっくるめて、オブジェクトになり。

ZFSET(x)の対象として扱われるのですが。 

集合論の場合は、Vは絶対に宇宙の要素にはなりません。

「ZFではプロパークラスは対象外」

とメタで表明しているでしょうが。 

これはZF宇宙から除くという意味ですよ。

 

「だったら、ZFSET(V)はZFの命題ではない。

ゆえに、これを使った、ZF矛盾は証明になってない。」

こう考える猿がいるカモ。

フッ、哀れな。

今回の行間埋め込みが伏線罠だと理解できない低脳が。

自分達の方が自滅自白したとも解釈できずに。

あくまでも、抵抗したいらしい。

今回の蒸し返しは、君らに対する空爆攻撃だと判らないのかね。

 

自分達の主張している内容を、後からユックリと反芻して御覧、畜生よ。

君らの言う、

「VはZFの宇宙」

とか

「Vはプロパークラス」

というのは、何処で主張しているのよ。 

好い加減で悟れよ、ZFがオカシイんだと。

自分勝手な自己満足理論なんですよ。 

クラス理論BGなんて逃げても駄目。 

 

Δ理論とZFの関係性をハッキリさせるには。 

Vを順序数使って具体的に構成していけば判り易い。 

公理的集合論の、一番、最初に登場する定義ですよ。

このVの、何処に、プロパークラスが含まれるというのか。

しかし、Vを使うの、ZFでの証明でも。

一方で、VはZFの対象外。  

つまり、ZFSET(x)というのは、公理的集合論において、一番、怪しい

「プロパークラスを除く」

というメタ命題の正体を暴くために私が導入した概念だったのですよ。

今まで、誰も、考えてなかったの。 

 

一方、私の証明ではVは排除できます。

ZFSET(x)の定義でVを採用していますが。

そんなもの、順序数使って

ZF (α)(xV(α))

とV(α)で階層化すればOK宇宙。

だから、ZF+“アルファ”の対象になり、

「Δ理論のZFSET(x)をZF+“アルファ”に制限した範囲」

で証明ができ。

その結果、矛盾が発生するの。 

∴ZFも矛盾。 

 

それがZFSET(x)の課題だったに。

一々、行間を埋めてやらないと、理解できない脳タリンぶり。 

ここから、更に深く探ると。

多分、未だに不満なZFのエルブラン宇宙について新見地が。

Δ理論により、

「ZFは第一階述語論理上で展開できない。」

と言いましたが。 

その原因がtermの重層構造でした。

 

そこで、termをアドホックに、

「個体定数はÆのみ。

関数記号として、適宜∩、∪、{x、y}等を追加する。」

と定義すると。

termに{x|φ(x)}が登場せず、重層構造回避可能に見えるカモ。 

実際、私以外のプロ研究者は、皆、

「公理的集合論は第一階述語論理ベースで展開できる。」

と信じてきたのですよ。 

 

しかしね、{x|φ(x)}は集合概念の基本ですよ。

この記号使用せず、どうやって、集合論を展開する気なのか。 

なるほど、ZF公理は閉論理式として、{x|φ(x)}を直接採用していません。

だからと言って、termで重層構造を回避できると思う、その甘さがメタボの原因なのよ。

何を指摘しているかというと。

ZF公理中の束縛変数(x)や(x)の範囲問題。  

これがハッキリしてないことが諸悪の根源です。 

だから、Δ内部の境界問題だと言ってるの。 

 

Δ理論を用いずに議論すると、既存のタイプ問題とか、集合の階層問題になります。

この本質は回避不能。 

つまり、アドホックにtermを単層で定義しても。

それは集合路に対する粗い近似に過ぎないの。

そんなものでは、集合論の精緻な議論はできない天命。

どのレベルの課題が精緻領域か?

独立や相対整合性の証明レベル。

 

しかし、粗い近似として、termを単層定義した理論化は可能です。

これを

「単層化ZF」

と名付けましょうか。

当然、これには様々な強弱バージョンがありますが。

その中の一つを、

「ZF(?)」

とすると。 

1、ZF(?)は、どの程度の問題を扱えるか?

2、ZF(?)は無矛盾になるか?

等の興味深い課題が生起してきます。

 

但し、ZFSET(x)を用いたZF矛盾は、コードにより、第一階述語論理ベースで証明可能なので。

このレベルで必要な単層化ZFをZF(%)とすると。

ZF(%)は矛盾しますよ。

各公理の独立性が単層化ZFで証明できる限り。

だって、独立公理の論理式から生成される形式的なÆ集合だけで矛盾ですから。

「(証明で採用した)有限個の重層termはコードで単層化できる。」

ということ。

 

凄いテクニックだ、神技だな。

ZF(%)の定義も含め、総て私のオリジナルですよ。 

で、ZF(%)が矛盾するのですから、当然、単層化夢想ZFも矛盾します。

こういうのを、

「夢想天成」

というの。

究極奥義。

Lなんて考えてる場合か、ゲーデル。 

というわけで、今回の成果は

 

人生の集合論原理11

1、公理的集合論でtermを単層構造でアドホック定義すると、粗い近似理論ZF(?)になる。

2、ZF(?)が無矛盾になる保証はできない。

3、ZF(%)は矛盾する。(∴単層化夢想ZFも矛盾する。)   

 

判ったかな、数猿や論理猿よ。

ここの証明文学の、何処が、既存知識のマトメだと言うのか。

全編、総て、徹頭徹尾、完全オリジナルです。

全部、私一人の仕事。

私に解けない矛盾はない。 

ここから、次回の伏線にGo!

 

数猿と違い、アルゴリズム猿の場合は、浅はかにも、

「集合論無しで、関数の等号を計算している。

よって、集合論は不要。

必要なのは、精々、(循環を避ける手段としての)タイプ理論まで。」

と考えるのよ。

それが、脳タリンの証拠だとも知らずに。 

猿の戯言を一言で片づけると、

「それは、どのレベルの等号だ?」

という懐疑になります。  

 

君らの世界観は表現可能性の意味で、第一階述語論理の範囲。

それでは手に負えないというのが重層構造。

そもそも、数学の場合、計算可能性の範囲で物事を考えては駄目よ。

関数の等号レベルは序の口だと、数学編で詳しく論じたでしょうが。

計算可能性を超える(等号)課題がありますよ。

空集合間の等号を、どう処置するの? 

第一、独立の証明に集合論は必要不可欠。

 

君らは、集合論系独立の何たるかが判ってないのよ。

このため、以下は独立について考察します。 

猿は、

「可算無限2人完全ゲームに必勝法がある。」

という内容のAD(決定性公理)を知らないでしょう。

これが、如何に重要か、判ってない猿が多い。  

(言葉で生きる創価学会猿よ、感触が掴めるかな?)

 

「AD vs AC」

はライバル関係にあります。

つまり、AC+ADは矛盾するの、ZFが無矛盾だと仮定すると。

ZFが矛盾と判明した今や、AC+ADは、どうなるのか?

何をベースに議論すれば良いのか?

そこで、颯爽とYJが登場するのですが。 

この種の課題が如何に重要か、数猿に判らせておく必要があります。

 

自然数論T()において。

問題Q1の証明中に、(抽象数学駆使して)ひっそりとACを使い、結論A1を出し。

次の世代が、問題Q2の証明中に、(抽象数学駆使して)ひっそりとADを使い、結論A2を出し。

更に、次の世代が、以前の成果A1とA2から、(抽象数学駆使して)結論Dを出す。

これで、Dが証明できたと思うわけだ。 

 

Dが難問指定でもされていた日には、目も当てられない惨劇ですが。 

当の数猿は、解けた気分になるのだから、始末に終えない。 

どうじゃ、フェルマー猿よ。 

集合論抜きで数学やる恐ろしさが判ったでしょう。

それを、第一階述語論理レベルで誤魔化そうというのかね。

原理上、無理です。

で、ここからYJの宣伝ですが。

 

幸い、私が集合論を再構築するので。

YJをベースに、より精緻に、

「AC vs AD」

の相互関係が把握でき。

どうやったら、矛盾回避できるかのヒントも得られるはず。

勿論、状況依存ですけど。

これで、YJの必要不可欠さが理解できたでしょう。

ここから余裕の蛇足を。

なにせ、蛇を龍にしないとね。 

 

君らの考える独立とは、T(X)系での

「ユークリッド vs リーマン」・・・(ER)

程度の認識でしょうね。

これがアインシュタインレベルの素朴な世界観だな。

だから、彼は、

「神は存在しない。」・・・(¬神)

と言ったのです、晩年。

 

人類に一石を投じたレベルの貢献ですから、この程度の宇宙観なのか。

しかし、それが甘いのよ。

存在するのですよ、神が。

その存在証明が私です。 

(¬神)の彼の宿題を、最近になって、やっと解いたのが物理猿。

これで、物理の格序列が判ろうというもの。

論理の足元にも及ばない始末。

世界認識が、波で角が取れた海岸の小石くらいのものか。

どう思う、ニュートンよ。

 

実は、(ER)のレベルでも、実用上、結構、大事です。

不動産売買時の土地測量問題に直結しますから。

座標系で測量したら、当然、誤差が出るのよ。

地球は丸いから。

(そもそも、昔の計測は大雑把でしたが。

そういうレベルの話ではなく。

今から先の課題にもなるから大事なのですよ。

どうやって、関係者が納得するように誤差解消するかです。)

 

この事実、非常に大事でしょう、経済猿には。 

土地の境界問題が発生したら、全部、裁判できるぜ。

実際、私が、すでに、やってます。

神の生誕地、高知市帯屋町で。

事ほど左様に、猿の世界の曖昧なことよ。

裁判レベルで、これだから。  

この為、対MS裁判の準備に手間暇かけたの。   

覇権を賭けて、猿を更に空爆しておくと。 

 

アインシュタインは

「神はサイコロを振らない。」・・・(¬確率)

とも言ってますが、これは量子論への反論。

カジノ反対という意味ではなかった。

この場合の神は存在するのか。

いずれにせよ、アッカンベーの写真が出回ったのが因子エネルギー。 

ほぼ、道化に見えますね、彼が。

こう指摘出来るのが神の実力。

(何処のパパラッチだ、彼にストレス掛けたのは?)

 

一方、神の私が同じ(¬確率)を述べると。

それは、

「(旧)カジノは猿の遊び(投機?)で、人の遊びではない。」

という意味。

人がやるべきは、B‐embedです。

こう言うと、さぞかし、私のフェイク画像も出回るでしょうねえ。

(トランプ関税より効き目あるぜ。)   

実際、すでに、盗撮したと、ビットコイン系から強請メールが来ているし。

どんな顔してるか、見てみたいものだ。 

 

B‐embedは最新にして最高級のカジノゲームですよ。

しかし、最早、B‐embedを新カジノとすら呼びたくない。

独自のブランド築いたのですから。  

シャンパンはシャンパンで、ドンペリはドンペリでしょう。

同様に、B‐embedはB‐embed。 

B‐embedだけで、MHLVの企業価値超える実力。 

だって、カジノ全体よりも価値があるもの。

どうじゃ、トランプ。

大統領退任後のことを考えたことあるか?  

これで263町目。  

 

*********************

最近の記事

*********************

2019年

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

2018年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

2017年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

 

2016年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

9月

 

*********************

8月

 

*********************

7月

 

*********************

6月

 

*********************

5月

 

*********************

4月

 

*********************

3月

 

*********************

2月

 

*********************

1月

 

*********************

ここの記事は、当社会長である、山口人生の仕事で、総て、著作権が設定されています。

このシリーズは「PvsNP」問題を解決した歴史的証拠になっています。

なお、2015年までの「PvsNP」問題関連の記事は別のサイトに移しました。

限定読者だけが閲覧できます。