クリックすると目次が出ます。(無料)

 

神言(カミコト)

 

2020年3月28日 (絶対の日)

 

まずは、神風邪の因子エネルギーから。

世界中で、スポーツやライブを初めとして。

人ゴミの出る場所でのイベント開催は中止され始めていますが。

クルーズ船の運航も中止しなり始めましたね。

実際、ダイヤモンドプリンセスに続き、グランドプリンセスでも感染が発生した。 

この所為で、日本の管理責任問題は雲散霧消したわけですが。

ニュースでは、プリンセスクルーズ社を取りあげていましたけど。 

他のクルーズ船は大丈夫なのか? 

イタリアに寄港する地中海クルーズ船なんかですよ。

 

例えば、英国のクイーンエリザベスUは?

ちなみに、ダイヤモンドプリンセスは米国社で英国籍かな?

英国のキャサリンが命名したプリンセス船もあったらしいけど・・・。

プリンセス船系はカナダにも寄港してるだろうに。

バンクーバーには中国人も多いし。

とうとう、首相夫人も感染したとか。

とまあ、こういう皮肉隠喩を導入部にして。

今回の神ブランドの本論に入ります。 

 

私の城下町である高知市帯屋町に、私(の会社)が3棟、テナントビルを所有しているのですが。

その内の1棟である、2丁目のビルの敷地で土地境界問題が起きていることを、以前に、取り上げておきました。

土地の計測誤差の問題です。

結局、裁判になり、高知地裁と、高松高裁での判決が出ました。

どちらも、原告の訴え却下です。 

というわけで、今回のアルマゲドンでは司法世界を攻撃しておきます。

汝ら、哀れな、律法学派よ。

序列弁えろと言ってるの。

 

高知地裁では、十分、審議時間を掛けたのですが。

時間をかけて、丁寧に検討しても、本質を見抜く脳力が無ければ無意味。

(これ、日本の経営者層にも適用できる真理ですよ。)

被告弁護士が、法廷戦術で、余分な意見をノラリクラリと持ち出し。

(何故、脳力がないのか、今回の記事で判明するという筋書き。)

裁判官が、それに乗って、原告敗訴となったので。

高松高裁に控訴したわけですが。

 

控訴では、1回目の顔合わせで終了。

次回、いきなり判決言い渡しでした。

つまり、やる気なし。 

言い換えれば、情報アンテナの張り具合が悪く。

未だに、私が神だと判ってない様子。 

仕方ない、因子エネルギー発動するしかないなあ。 

まずは、伏線から。

 

高松市ですが、まだ、丸亀町中心に商店街は活気が残っています。

それは、多分、ウドンの御蔭でしょう。

今や、讃岐うどんは有名ブランドとなり、チェーン店が全国展開しています。

海外にも進出した模様。 

で、何を言いたいかというと。 

昔、ウドンは、ラーメンほど流行ってなかったのですよ。 

それを、私が

「メリケン粉が怖くて、ウドンが食べれるか!」

と言った影響で、日本人が我も我もと食べだしたという経緯があるのです。

これぞ、インフルエンサーのパワー。

 

この御蔭で、高松市商店街も寂れずに生き残ったわけだ。

しかしね、高松高裁の判決は神の味方をしてない。

よって、私もウドンの味方をする必要はない。 

逆に、敵悪魔の食べ物に見えてきましたよ。 

だから、逆に、潰したくなってきた。 

では、どうやるか?

ウドンをイメージ戦略で、ここまでブランド化できたわけですから。

イメージ戦略で潰せるカモ。 

というわけで、一撃を。 

原爆を一発、お見舞いするか。

 

「司法はウドン脳。

状況が読めない脳だ。」 

ウドンの1杯分の盛り玉は、色といい、形といい、脳そっくりですね。

手打ちで麺が大きいと、脳の皺に見えるもの。 

で、ウドン脳の意味は?

褒め言葉なのか、貶し比喩なのか?

それは、以下の判決文を読み、皆さんで判断してください。

馬鹿じゃなければ、一目瞭然のはず。

それが判らないレベルの脳がウドン脳です。

 

証拠(甲1号)

証拠(甲2号)

証拠(甲9号)

地裁判決

控訴答弁書

反論

控訴審判決

 

自分が不利なケースを、態々、人前に晒す馬鹿はいません。

客観的に見て、私の方が正しいと思うから判決に不満なわけで。

泣き寝入りしたくないから、公表してるのですよ。

ポイントは計測誤差。

司法猿の胸先三寸で、白黒決めれる相手じゃないということを満天下に知らしめておかねばね。

MS相手の裁判にも影響しますから。 

 

この公表結果、ウドンのイメージ経由で商店街の賑わいにまで影響するカモ。

寂れるでしょうなあ。

なにせ、因子エネルギーですよ。 

高松商店街では、昼食時には、ウドン店に行列ができていましたが。

ラーメン・スパゲティ・パンとライバルが犇めいている。

そもそも、瑞穂の国には米があるじゃないの。

ウドンが無くても、別に不自由はしないでしょう。 

このような事態を想定できてないから、ウドン脳なのよ。

 

他の裁判でも同様。

私は神だと言ってるの。 

丁度、検事長の定年延長問題が起きていますが。

相変わらず、野党もマスゴミも、手も足も出ない為体。

あれなんか、安倍の勝手な人事権発動の結果でしょう。

司法の正体なんか、この程度ということ。

それを、何を一人前の気分で生きているのやら。 

まだ判らないのかね、私は安倍より権力者だという事実関係を。

 

これが判らないから、ウドン脳なんだよ。 

廻り回って、最後は、自分達の給料の話に直結するという意識がない。

第二次世界大戦後、餓死した判事がいましたね。 

法律犯したくないという理由で判事が全員餓死するのなら判りますよ。

しかし、殆どの判事は闇市使ったでしょうが。

自分一人で何を突っ張っているのやら。

日本人全員に死ねと言ってるに等しい自己満足行為だという認識が出来ないのよ。 

状況依存が判らないのかね。

 

なお、この後も、訴訟のオンパレードです。

そういうビジネスなんですから。

訴訟社会、米国のレベルを超えないと、MSには勝てない。 

私の凄さは、全部、私が自分で訴訟する点。

だって、弁護士なんか、当てにならないもの。

実力がないからね。 

今後も、ここで、追々、開示して行きますよ。 

これで291町目。 

 

ここからハイパー神商に。

高松や新潟で、

「日本の地方は、未だに、神の何たるかが把握できてない。」

ことが判明しました。

これじゃ、ビジネスになりません。

よって、今回は、神の正体を現しておきます。

今まで、裏の世界で、何が起きていたのか、やっと判るというシナリオ。

 

伏線として、安倍ヒラメに対し、少し実力を見せつけておこうか。 

神令を出します。  

次の首相は岸田にしなさい。

これは、慶應の三田会の暗躍が目に余るからです。

石破はトロイから、自分を応援する地方組織票の源泉が判ってない。

安倍に歯向かう実力で、地方に人気があると錯覚しているのよ。

そうじゃなく、三田会の力です。 

 

地方には、慶應大学出の中小企業社長が多いでしょう。 

そういう類の社長は、地方のセレブとして、ある程度、威光が効くのよ。

それが、三田会繋がりで、石破を押しているだけ。 

これは、私が岸田を押すのと同列。

彼は、一応、東大出てるからね。

普段、連絡なんか取ってないけど。

何だかんだ言っても、受験戦争を勝ち抜いた戦友です。一朝、事あれば、同じ釜の飯を食った者として、手を貸してやらねば。 

 

私の場合は、ビジネスですからね。 

政商ではなく、ハイパー神商ですよ。

堂々と宣言する。

何か文句あったら言ってみろよ、野党やマスゴミ。 

というわけで、石破よ。

高知を自派で固めても駄目。

実力があるなら、自民党を飛び出て、野党結集し政権奪取してみなさい。

少なくとも、かつての小沢なら、それができた。

 

小沢の場合、まだ、現役議員やってますが。

それでも、神の忠告を聞かずに引き際を誤ったな。

だから、今の為体だ。

かつては実力があったのに、今や、老害だけで何の力もない。 

皆、私の神令を自己都合良く解釈したら、落ち目になる運命。

(その点、真紀子は言うこと聞いて、素直に引退したな。

長岡で会いましょうね。)  

 

安倍も、さっさと禅譲しておいた方が、惨めに討ち死にするよりマシだよ。

今更、石破なんかじゃ、どうにもならないし。

そもそも彼は顔が悪い。

菅同様、総理総裁の顔じゃないの。 

一方、岸田の風見鶏ぶりは中曽根以来かもよ。

石破氏を叩いて渡るとかね。

 

それにしても、現状、岸田の人気がない。 

東大は同窓会で群れないし、そもそも、地方の社長は少ないからね。

中央の、司法・行政・大会社では動けない。

覇権のある研究者界は別世界。

政界も、今や、東大卒は少数派だ。 

しかし、多分、この公表で、世間の支持率逆転できるはず。 

というわけで、私が福の神だという証拠を提示しておくと。

 

今は、世間で人気のない風見鶏ですが。

(風力発電なら、人気あるのにね。)

私の神令により、首相になるでしょう。

問題は、安倍がいつ譲るかです。

神と首相との実力の違いが、ここに出るの。

私は占い師じゃありません。

神だから、社会の状況を変える力があるのよ。 

実際、私が岸田に手を貸して総理にします。

どうするか?

 

情報の権利(知的所有権)を彼に使用許可するの。

どの権利か?

少子化対策で、一番、効き目のある一手ですよ。 

つまり、

「子供3人目から、一人月10万円の補助を高卒まで続行。

これは、親の年収に関係ない、ご苦労さん代。

その代わり、このスキーム使った親は、将来、生活保護なし。

子供に面倒見てもらえ。」

という法律制定すれば良いの。

 

これで、日本の人口減少は緩くなりますよ。

早急に始めると、上手くいけば、12000万人くらいで平衡するカモ。

注意しておきますが、このスキームは強制ではあらしゃいません。

あくまでも、任意です。

ただ、金持ちは、3人以上産めば、必ず、このスキーム使うはず。

よって、貧乏人で、このスキームに登録するのを躊躇するとしたら。

それは、将来、生活保護を狙っている証拠みたいなもの。

こういう世間の目があると、自然に、皆、スキーム登録するでしょう。

 

ついでに、一番、肝心なのは。

このスキームの適用は正規の夫婦だけに限定しない点。

つまり、シングルマザーでも何でも、子供の親権があれば、3人目から10万円受け取れるシステム。

更に言えば、

「日本の国籍以外の居住者には適用しない。」

という点も大事。

現状の生活保護みたいに、誰でも彼でも金配ると国が潰れるのよ。

舐められるという言葉の意味が判らないのかね。

 

上から目線で、

「対等の相手にしない。」

なんて余裕をかましていると、中国みたいに追い越されることになる。

追い越されると、今度は、その事実を基準にして、

「中国なら仕方ない。」

なんて言い出す始末。 

仕方ないわけなかろうが。

努力して勝てばいいのよ。

 

すると、以前のように

「国際競争力、世界No.1。

(今は、ナント、30番。)

世界の上位50社中、日本は30社以上。

(今は、ナント、1社だけ。)

一人当たりGDPも世界No.2。

(今は、ナント、25番くらいで下降中。)

日本全体の不動産価格が米国全体の不動産価格を超える。

(今や、比較にならない。)」

なんて国になれます。

 

やればですけどね。 

「人の上前撥ねて、自分はチョロっと楽して生きるのが上級。」

なんて幻想抱く間は、原理上、無理だな。 

やがては、次に、

「韓国なら仕方ない。」

から、

「タイなら仕方ない。」

「ベトナムなら仕方ない。」

になってくるカモ。

 

実際、すでに、アリスト白亜で、その予兆を感じることができます。

こういう調査してるのよ、エタボノで。 

安倍が少子化対策を散々やりましたが。

人口減少は全然、止まりませんね。

毎年、島根か鳥取の全人口が消滅していく状況。

このままだと、6000万人という予想が出ています。

かなりの確率で、そうなるはず。

 

最早、他に打つ手もないでしょう。

私のアイデアを実行してみなさい。

何とかなるから。

これで、私が日本を救い。

ひいては、後に続く、先進国を救うわけです。

だって、皆、少子化になる宿命ですからね、順番に。

(間違っても、アフリカはやるなよ。) 

 

このアイデアについては、すでに著作権設定済みです。以後、このスキームを

「人生スキーム」

と呼びます。

以前は、月8万円の設定でしたが。

少し奮発して、魅力ある金額にしておきます。

スキームの意味が判りますね。

金額や細部の差で著作権を回避しようなんぞという浅ましい猿知恵からの防御です。 

 

先進国市場経済に対し、一番、効果のあるスキームですよ。

アイデアの本質で少子化ストップさせる力があるということ。 

岸田が、この政策掲げて総裁選に臨むと、文句無しに当選でしょう。

猿の人気調査結果なんぞ、国の役に立つわけがない。 

言っておきますが、他の候補には使わせません。

勝手に使うと、著作権で使用料請求します。

こういうビジネスです。 

 

すでに、安倍は無視ケラになったし。

Pen phoneに金出さないと、岸田にも人生スキーム使わせない。  

これで、私のPen phone蹴ったら。

霞が関に粛清の嵐が吹きますよ。

私は、そういう実力者だと宣伝しているの。 

 

人生スキーム使わず、日本人口が6000万人になったら、それは霞が関と永田町の責任。

一方、勝手に使うと、料金請求します。

だって、そういう超コンサルタント会社なんだから。

やれるものならやってみろと言わない方が身の為ですよ。 

昔、そう言って突っ張った挙句に、原爆落とされた国民が。

それで、いつまでも、ピーピー泣いてる民族。

 

私の支配地域で因子エネルギーの具体例を挙げれば。

今や、シャープは潰れて台湾資本傘下。

SONYは、本社が日本にある外人の会社。

東芝は、この為体で。

パナソニックは縮小均衡の最中。

NECや富士通はリストラの嵐。 

ついでに、日産は、そろそろ危ないし。

舐めたソフトバンクは、風前の灯。

どうじゃ、サムスンよ、気分は。

その他、有象無象は、相手の資格なし。 

 

というわけで、雲から上が見えない海面下のヒラメは、素直に言うことを聞け。

前回の歌声を忘れたか。

「6千万、6千万の胸騒ぎ(^^♪」

これで、どうやって、霞猿の定員と給料と年金を保証できるというのかな。

永田猿の場合は、更に酷くなること確実。

まだ、冗談だと思っているの? 

言っておきますが、人生スキームの神権は世界中に適用します。  

これで292町目。

 

ここからハイパー論理に。 

最初に、前回の宿題の解答から。

ZF+¬ACで登場する新たな空集合を

Æ(¬AC)={A|t(zA={t}}・・・(1)

と設定したわけですが。

一つだけ気になる懐疑が残るはず。

「ZF+¬ACにおいて、(1)はプロパークラスなのでは?

少なくとも、ZFCでは、(1)はプロパークラスになる。」

 

この点を詰めるには、置換公理、というか、分出公理での抑え集合の果たす役割が大事になります。 

そもそも、¬ACにより

X(¬(Æ)∧¬t(zA={t}))

なる集合Xが存在するわけです。

これの具体例Xを取ると言いましたが。

それはね、集合階層において、

V(δ)

なる順序数δが存在するということ。

 

だったら、{A|t(zA={t})}全体を考える必要はなく、

{A|t(zA={t})}V(δ+1)・・・(2)

程度で十分なはず。

これは文句無しで集合になりますね。

この(2)が正式なÆ(¬AC)なのです。 

以上が、ZF矛盾に関する最後の最後の最後の審判になります。

判ったかな。 

このように、(集合補助線として)V(δ)で抑える手法を

「δ線」

と名付けましょうか。

 

素粒子論では、α線、β線、γ線までありますが。

集合論ではδ線が効くのよ。

X vs Xの具体例」

の強弱問題もありますが。

具体例は判らなくても、V(δ)で抑えられることは確実。

δ線で内部の非破壊検査はできるの。

但し、δ線は猿脳を破壊する作用もあります。 

(中国では生きた猿の脳を食べますね、プリンのように。

食感は手打ちウドンと似た感じカモ。)

 

実は、ここまでが今回の導入部で。

ここから、集合論に関する重要な基本思想の話に入ります。

これを議論しておかないと、新しく構築するYJの方向性が定まらない。

集合論では、一体、何が本質なのかです。

以下の議論は、一見、単純で簡単で、幼稚にすら見えるカモ。

しかし、そう思えることこそが、君ら猿の脳タリンの証拠。

以下の一般論こそが、ZF矛盾の格真部分なのですよ。

では、宙爆開始。 

 

任意の集合Xに対し、

Æ={x|x≠x}={xX|x≠x}

が成立するわけですが。

この右辺は、{x|xX∧x≠x}で、

「xX」

の追加情報は、Æ判定に対し、実質的に何の効果もあらしゃいません。

この意味で、以後、{x|x≠x}を

「絶対的Æ

と呼びます。

 

それに対し、ダミー部分のxXを付加した

{x|xX∧x≠x}

つまり、

{xX|x≠x}

「相対的Æ

と名付けます。

これが、導入部と関連する課題であることは判るはず。

 

絶対的Æがあれば、無数の相対的Æが存在するわけですが。

ここで大事なのは、

「絶対的Æはプロパークラスになるのでは?」

という懐疑。 

(1)からの比喩です。

一方で、絶対的Æの方は(1)とは少し毛色が違いますね。

だって、空集合の定義である

「要素が存在しない」

という性質を、どのZF+αで考えても絶対的Æは満たしていますから。 

 

よって、絶対的Æなら集合と考えてOK宇宙なのでは? 

但し、これには大事なカウンターパートがあって。

V={x|x=x}

はプロパークラスです。

だったら、その性質の否定である

{x|x≠x}

の方もプロパークラスとも解釈できるカモ。 

微妙ですね。 

 

だって、Vの方は、集合Xで相対化して

{xX|x=x}

とすると、{xX|x=x}≠{x|x=x}ですからね。

Vをプロパークラスとして排除することまで認識できた猿にとって。

¬Vと言える絶対的Æもプロパークラスとして排除したいカモ。

その程度で辻褄が合うと思う、その脳がタリンのよ。 

 

実際、最初の段階で、伏線罠として、シラっと、

{x|x≠x}={xX|x≠x}・・・(3)

と書いておきましたよ。

あの時には違和感は無かったはず。 

それが、今や、怪しくなってきたでしょう。 

脳が進化した証拠です。

これが、神の奇跡による御利益。

 

私が今回導入した

「空クラス」

なんて概念は初登場なんですよ。 

今まで、ZFでは誰も言ってなかったの。

以上で何を指摘しているのか? 

置換公理や分出公理で、

「プロパークラスを集合で相対化することの効果の及ぶ範囲」

を議題にしているわけです。

 

今回のような議論の内容を、集合論における

Æ相対性理論」

と呼びます。 

この名前付けを大袈裟だと思うかな? 

少し行間を埋めて鍛えてあげましょうか。 

 

まず、空クラスという概念を認めない立場の場合は?

{x|x≠x}も空集合として扱うわけですが。

ここで、導入部の伏線が効きます。

全く同じ理由で、(1)もプロパークラスではなく集合となります。

この判定はZFでは無理ですが。

ZF+(¬AC)なら空集合です。

しかしね、ZFCでは、(1)はプロパークラスになるのですよ。

拙いでしょうが。   

 

(1)はZFCでは相対化により排除します。

(1)を集合と仮定すると矛盾するから。

これが分出公理のテクニック。

しかし、ZF+¬ACでは排除しない。

この場合、ZF+¬ACが矛盾しないという保証は?  

誰も吟味してなかったでしょう。

そして、実際、ZF+¬ACは矛盾したの。 

 

一方、空クラスというものを認める立場の場合。

集合論とはプロパークラスを排除する理論です。

よって、{x|x≠x}なんてものがV(α)中に登場すると拙い。

つまり、空クラスと空集合を区別する必要があります。

これをZF的にやろうとすると、抑え集合Xで相対化するしかないわけですが。

その結果は相対的Æになりますね。

これで、総て、辻褄が合うのか? 

 

性質ψ(x)で生成されるプロパークラス{x|ψ(x)}の場合。

ψ(x)が偽でなければ、一般に

{xX|ψ(x)}≠{x|ψ(x)}

が成立するXがあるから、右辺を除いても辻褄が合うの。

しかし、Æでは、そう簡単にはいかない。

(3)なのか、{xX|x≠x}≠{x|x≠x}なのか。 

この微妙さが理解できないと話にならしゃいません。  

 

判ってきたかな、基本思想の問題だという意味が。   

史上初で、私が論考したのですよ。 

その結果、結論を言えば、

「どちらの立場に立っても、パラドックスが発生する。」

ことが判明。

何故か、判るかな?

導入部で見たように、ZFの矛盾証明は、相対化Æだけ採用して証明できるの。

 

つまり、絶対化Æを相対化Æで排除しても、ZF矛盾は不可避。

今は、その矛盾の原因を深堀りしている最中です。 

以後、今回の内容を

「空クラスのパラドックス」

と呼びます。

(創始者特権)

ここで、まだまだ、猿が曖昧未熟だと悟らせるために、知力検査を。

 

知力検査57

猿の想定(無矛盾)集合論において、{x|x≠x}は

1、集合

2、プロパークラス

3、どちらとも決まらない

のどれになるか?  

 

言っておくけど。

今までは、こういう問題設定すら夢にも思わない知能だったのよ。

自分が少しは進化したと実感できるでしょう。

で、お猿ちゃん。

どうですか、解答は? 

ΔにおけるZFの境界問題に直結する課題ですよ。 

集合Xで相対化して逃げれる話題じゃないの。

 

{x|x≠x}自体を、どう把握するのかという基本思想の絡む話。 

これこそが、Æの秘孔です。

だから、Æのパラドックスが発生するのよ。   

こういう仕組みです。  

但し、この曖昧性発見から、実際に矛盾証明に至るには、ZFSET(x)が必須。 

神の有難味が身に沁みたかな。 

 

Æとは何か?

何であるべきか?」

インドの0算術猿に判るはずもない。 

だから、ホワイトインディアンにも無理。

だって、北へ行って、肌色が白くなっただけ。

脳は発達してないんだから。  

今回、本当の恐ろしさを垣間見たでしょう。  

しかし、まだ深さが判ってないカモ。 

 

猿には曖昧性を証明場に乗せる難しさが理解できないわけだ。

普遍の限界を探求しているのですよ。

次回、更に深堀して行間を埋めます。

猿は、何を無邪気に、神と勝負している気分なのかね。

白内障、悪魔に怖じずか。  

悪魔の甘い囁きに乗せられて、スマホ猿が齧ったな、リンゴを。 

神がPen phoneと言ってるのに。 

これで293町目。

 

*********************

最近の記事

*********************

2020年

 

2月

 

*********************

 

 

1月

 

*********************

 

2019年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

2018年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

2017年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

ここの記事は、当社会長である、山口人生の仕事で、総て、著作権が設定されています。

このシリーズは「PvsNP」問題を解決した歴史的証拠になっています。

なお、2016年までの「P vs NP」問題関連の記事は別のサイトに移しました。

限定読者だけが閲覧できます。