クリックすると目次が出ます。(無料)

 

神言(カミコト)

 

2019年9月28日 (抽象の日)

 

私は世界レベルの有名人で、the genius rich asian。

(但し、将来、私は

「日本人」

「アジア人」

には分類されなくなるはず。

これは、キリストがアラブ人とか、ユダヤ人とか分類されてないのと同様。

神は人類全体のリーダーで、救世主として国籍・人種関係無し。)

 

だから、私の方からは知らないけど、私のことを知ってる大衆は多いわけで。

勝手に私の位置情報送って、仲間内で知らせる行為をしている輩がいます。 

神なので、見るだけでも御利益があるとか、勝手な言い訳して。

近付いて来ては、実物の素晴らしさに圧倒され。

(なにせ、オーラが出てますから。)

ついつい、粗探しを始め。

最終的には、私にストレス掛けて、不愉快な思いをさせようとする。

 

こういうキチガイを、専門用語で

「人生症候群」

と名付けました。

これがデーモンという大衆悪魔の起源なんですが。

中には、自分がひり出した餓鬼を痴鬼に仕込むマンコもいる模様。

痴鬼の群れが鉄砲玉になり、すれ違いざまに

「ピエロ」

とかホザキつつ去るケースも。 

真理を理解する能力のない猿の哀れさを露呈していますね。

 

ここの情報を芸能ネタと同列に解釈しているの。

その時だけ、一瞬、消費して終わり。

私が腰弁教授の群れに一人で勝つ様子を見て。

本当か、どうかは自分では判定できないけど。

ゲーム感覚で楽しむことができるわけだ。

現実感がないのよ。

信用や格の問題と言っても、別世界の出来事として捉える始末。

生活に直結しているという認識ができない。

普段、そのレベルの低意識で生きているという証明になるとも知らず。 

 

だから、猿なのですが。   

やはり、己の惨めな立場が判るまで、躾けるしかなさそう。 

というわけで、今や、日本は

「令和≒同和」

の国なんですが、もう少し具体的に

「令和ピエロ」

と呼びます、無視ケラ釜に入って茹で上がっている連中を。

これにより、国民が神を無視している限り、

「日本の皇室はピエロの象徴」

となります。 

 

ネタ騒動で芸人には金払うくせに、神には払わず。

神の真理を無視する猿が相対的に無価値な情報ばかり流す。

これはNHK先頭にしたマスゴミが先導している状況。

その因子エネルギーが参議院選挙の結果に出てきたという筋書き。

N国党なんて、普通なら通るはずがない連中が票集めたものね。

(それが、忽ち、金の為に泡沫集めて、みんなの党か。

公約実現せずに次回があると思っているのかな。)

さて、マスゴミの運命や如何に。

神を舐めてると、銀行業界みたいに、構造不況業種になるぜ。 

 

マ、今や、世界中が、この状態です。 

昔から、結構、色々なアプローチがあることを、この場で晒してきましたが。

まだ、懲りない面々がいるのよ。

最近のを、少し、公開しておくと。

 

メール1

メール2

メール3メール3’

メール4 

メール5メール6 

メール7

メール8

メール9

 

こういうのは、不特定多数に送るケースもあるでしょう。

それが証拠に、ネットに詐欺注意情報として掲載されているのがある。

しかし、どう見ても、私のことを個人的に知って送ってくるのもある模様。 

ここの文章は日本語で書いているのですが、翻訳ソフト使っているのか?

それとも、その道のプロ(Sとか)からの伝聞情報なのか?

詳しい経緯は知りませんが。 

 

神舐めてると、痛い目に合うよ。

実際、前回の中国系マンコからのメールに対する因子エネルギーが発動し。

彼女のパスポート写真に似たファーウェイの娘がカナダで逮捕されました。

今回、ビジネス絡みでの具体例を一つ挙げておきましょうか。

 

アラブ

アラブ’

アラブ”

(3系統に分離したので、ほぼ、同じです。)

 

この相手は、Wikiにも載ってる実在の人物です。

一族で、エジプトではトップクラスの会社を経営していた様子。

今でも続いているかどうかは知りませんが。

ムバラク時代のエジプトで大臣やってて。

アラブの春革命の余波で、サウジアラビアに亡命した人物。

ムバラクが収監されたので、彼も国にいたら囚人になっているケースです。

個人資産保全も兼ねて、国外逃亡したわけだ。 

だから、そこそこ、マネーを持っている可能性は高いですね。 

 

但し、彼自身からのメールかどうかは確認していません。

成りすましの可能性は残りますが。

本人のパスポート写しを寄越したということは本物か。 

どう思うかな?

 

パスポート

 

で、メールの内容見て判るように、私と手を組んで、ビジネスしたいと言ってる。

投資額が15億円規模。

ただね、今の契約書案では、私が損します。

利益の半分寄越せと言ってるに近い。

フッ、ここまで準備してきて、今更、半分、差し出せるかよ。

 

契約書案

 

他のファンドも、似たような感じになる可能性がありますね。

私が、ここで大口叩くだけが取り柄の単なる天才(専門馬鹿?)で。

マネーを集める能力の無い、経済的に弱い立場だと解釈するのでしょう。

そうじゃない現実を知らしめる為に、ここで情報開示してきたのですが。

それを逆に解釈する始末。

オイオイ、私は変人じゃなく、福の神だぜ。

 

上流や資産家、投資家には

「ビジネス的に美味しい」

という噂が飛び交っているらしいけど。

私に関する詳しい内容までは伝わってない風情。 

連中、専門能力が無いからね。 

普通のプロジェクトでも、部下に対し、

「内容をA4一枚にまとめろ」

とかほざいて、結論だけ知りたがりますからねー。

それじゃ、話にならないでしょう。

 

その所為で、私とのビジネスでは無事に契約まで漕ぎ着けないとは思わないのよ。

こちらが、天才に有りがちな、変人な所為で契約できないと考えるらしい。

当人が、変人じゃなく、神だと言ってるのに。

そう言う行為自体が変人の証拠と思う模様。 

それでも、何かはあると、噂で聞いているものだから。

今でも、私とお近づきになりたくて、メールは寄越す。

多分、知り合いになるだけで御利益があると踏むのでしょうよ。

 

このケースでは、あわよくば、エジプトに帰国できるカモとか。

海外(日本)への渡航可能になるとか。 

最近も、未だに、メール寄越してきます。

季節の挨拶してるつもりらしい。

実際、私は隠然たる勢力を誇っているからね。 

カソリックのドン、ローマ教皇より格上の身分です。

宗教的な影響力の話ですよ。

だって、神として、アルマゲドンやってる最中だから。

 

今や、日本カジノに関しては、ハマのドンよりも力がある。

それがB‐embed効果。

これがあるから、政府系も無視できない。

死活問題になるから、各国とも必死で盗聴していますよ。

これが、現在の世界の有り様。 

しかし、表面上は無視しています。

というか、自分達に都合の良い情報だけ採用して。

都合が悪い情報は無視していると言った方が正確だな。

 

政治家や経営者の哀しい性。

神を下働きと思いたい模様。

できれば変人で片づけたいという魂胆がミエミエ。

完璧なアホだ。

君らが私の下働きなのに。  

それどころか、歴史上、君らは悪魔にされている最中なのに。

神が遠慮すると思っているのかね。 

 

多分、自分達の方が人口の意味で、多数派だと思って。

未だに、少数派としての神+天使軍団を処理している気分なんでしょうが。

ホント、馬鹿だなー。

潮の流れが読めないのかよ。 

神の味方が多数派になるに決まっているでしょう。

私が神で、君らが悪魔なんだから。

実際、キリスト教では、少数派から多数派になった。

アルマゲドンやってる私は、当然、多数派という天命。

 

私が、一人で、図抜けた金持ちになってやると言ってるのに。

それを無視する欧米系ビリオネア。

だから、君らの資産は減っていくよ。

だって、私より上の資産家がいるなんてことは許されないでしょう。

君ら猿の資産が目先増えたって、今度、クラッシュしたら、ハイそれまでよ。

それがいつか?

ラッパも鳴ったしなあ。 

どうじゃ、ドイツ銀行よ、不良債権の具合は。  

神舐めるから、こういう破目になるのよ。

 

 「この世に、私より金持ちがいては社会の秩序が保てない。」

こう言い切るキチガイはいないでしょう。

一方、私は平気で言ってる。

素晴らしい宗教だ。

これほどの真理を突いた宗教は、未だ、かつて、無かった。

全ての宗教の上に位置する超宗教。

因子エネルギー関連の奇跡付き。

 

というわけで、ファンドとの契約条件を公開しておきます。

「投資した元金を成功報酬で3倍にして返す。」

これが福の神のビジネス。 

現在の最良投資家のリターンが2倍程度ですし。  

強欲ハゲタカが狙うような10倍のようなリターン案件にはならないだけ。

なにせ、元金保証ですから、安全で心配ない。

君らでも、そう思うでしょう。

このビジネスは社会の趨勢というか、要請だもの。

 

但し、これは、セイシェルに移した、

International Intelligent Information Inc.

の環境転送特許ビジネスの方。

現在、プロジェクト展開中のPen phoneビジネスは別儀。

これについては、ハイパー神商で。 

なお、現時点でのAIの性能チェックを兼ねて。 

このメールのやりとり過程で、現状の翻訳ソフトを使用してみました。

その結果が、これ。

 

グーグル翻訳

 

マ、こんなものか。

ビジネス文章なので、比較的、直訳し易いはずですが。

まだまだ、人間の手直しが必要ですね。

こういうレベルが判ってものを言ってるのかね、孫は。

やがて、完全に翻訳できるようになると思っているのかな?

フッ、私のハイパー論理を翻訳した後で、物を言ってね。

己の拙い妄想世界で生きずに、現実を知れよ。

段々、未来社会の迷惑になってくるぜ、SBGが。

これで273町目。 

 

ここからハイパー神商に。

前回、後半で、ユーザインターフェイスに関する新機能のことを預言したので。

電磁波に関する論点が相対的に薄まったように感じる猿も多いカモ。 

勿の論、私の伏線罠ですよ。

こういう逸らし手法は政治家が良く使う手ですが。

それに乗せられる愚かな大衆という構図。 

今回は、電磁波対処法の機能について、更なる追加情報を。

まずは著作権の観点からPen phoneを論じます。  

 

「5Gから先の時代に、スマホの電磁波の影響を軽減するには、どう対処すれば良いのか?」・・・(電磁波)

なにせ、人類がゾンビになるかどうかの瀬戸際です。

タバコによる肺癌よりも、スマホによるゾンビ化の方が確信度、高そう・・・。

歴史上、影響度を確かめる為に、人体実験やってみるか。

それとも、神の忠告に従って、影響回避する道を選択するか。

さ−て、歴史は、どちらに進むかな?

 

脳に対する5Gレベルの電磁波照射は、人類の歴史上初ですよ。

今後の人類にとっての最重要課題だと言っても過言ではないのに。

(無)意識的に目を逸らして生きていくつもりか。

だから猿なのよ、君らは。 

中国人に生き脳食われても、キョトンとしている生き物。

(オイオイ、今、目の前で起きてる現象は羊達の沈黙かよ。)

一方、私は神ですから、人類のため、強調しておきます。

「(電磁波)に対する神の解答がPen phoneだ。」

これで、ブランド確立。 

 

ちなみに、温暖化は、ようやく、本格的に影響が出始めましたが。

既存権益経済にも、かなり干渉しますからね。

判っちゃいるけど、急には止められないってか。

猿の哀しいサガ。 

一方、電磁波の方は、Pen phoneで即座に完全対処可能です。

しかも、新ビジネスになる。 

よって、Pen phone方向に進まないとすると。

それは、神に対する嫉妬以外の何物でもない。 

まさに、悪魔の選択行為。 

 

タダでPen phone開放すると言うと、皆、雪崩を打って参入するはずですが。

そうはいかないのよ。

だって、MSの製品はタダじゃないもの。

つまり、私がビルゲイツより金持ちになる程度の利権は確保します。 

敵悪魔は、特許の期限切れになるのを、ジット待っていたような風情も感じられますが。

そうはいくか。

こちとら、その程度の戦略は、特区に、御見通しよ。  

 

まして況や、盗んだ後で、

「神のアイデアだ。」

なんて肖り商法は許さない。

今までは、韓国や台湾が、日本製品に対し、よくやってきた手法ですが。

最近は、肖る品がなくなってきた始末。

(ヨーク聞いとけよ、旧カジノ陣営も。

もはや、カジノの時代じゃないの。

B‐embedの時代だぜ。)

肖り商法の意味が判るかな?

 

絵画なんかでありますね。

画家のタッチを真似て、別の絵を描き。

その画家の未発表作品だと言って、世間で売るビジネスが。

問題は、その絵は、

「画家の世間評価基準程度に高く売れる。」

という点。

だから、全く別の絵でも盗作になるわけです。

猿は自分勝手な判断する場合が多いので、ここで敢えて忠告しておく次第です。 

 

では、何故、今までも、私のアイデアに対する著作権侵害訴訟を起こさなかったのか? 

だから、そこが伏線ビジネスなの。

食べる前に、餌を与えて肥らせる。

これ、常識。

実際、スマホは世界中に拡散したでしょうが。

だからこそ、私のPen phoneビジネスも実入りが多くなる。

こういう段取りです。

 

そもそも、今まで訴訟起こさなかったのは、訴訟しても勝てないから。

権威になる前では、訴訟しても負けるでしょう。

世間にも、裁判官にも、カマキリが戦車に立ち向かうような印象を与えるものね。 

だから、やらなかった。

第一、他の無申請特許群は状況依存性が弱い。 

内容的に、

「アップル vs サムスン」

レベルの争いになる。

ほぼ、trivialな特許紛争。

基本特許なのは、環境転送とPen phoneだけです。

 

他の会社も、公表アイデアで著作権を主張できますが。

それで、裁判起こしても、勝てる保証がないからやらないだけ。

だって、特許侵害訴訟ですら、勝てるかどうか判らないのですから。

それが、世間というもの。 

そうだよなあ、ジェネリック医薬品業界。 

しかし、今や、私は神の身分です。

これで、攻めないのは馬鹿。 

だって、勝てるでしょう。 

 

つまり、私の場合は、単なる状況依存著作権ではなく、神ブランドに基づく

「神権」

を獲得しているのよ。

唯一無二。 

少し弱いランクがモーゼやマホメットなんかが持っていた権利。

こちらは、歴史上、時々、登場する権利です。 

もう少し弱いのが、チンギスハンなんかの征服者の権利。

ありふれた王権よりも、強い。 

こういうカテゴリートップの神権で攻めるわけだ。

 

それが恐ろしいから、魔王が、これほど騒ぐの。 

しかし、下のカテゴリーでも、序列に従って、似たような権利発動をやってますよ。 

例えば、ロッパは大企業から、様々な口実で賠償金を搾り取りますね。

米国でも、似たようなことをやってきた。

中国でも、同様。

ロシアも石油系でやったし。   

だから、トップの神もやる。  

要は、実力序列なの、この世は。 

  

派閥とか、人間関係、人脈なんか、1000億円以下の世界の話。

それより上は運と実力。  

そして、私は神の運と実力。

ゆえに、この私の資産がビルゲイツより少ないなんて有り得ないの。

私こそが世界一の金持ちになる天命。

それが神権。  

この権利に基づき、神がイメージ操作を。 

前回は比較でタバコを挙げましたが。

今回は、食品と比べておきましょうか。

 

健康に敏感な中流以上の連中は、有機栽培が、どうのこうのと言ってますね。

少し高くても、そちらの野菜などを選ぶ態度。

そういう健康配慮するなら、当然、Pen phoneを選ぶはず。

だって、モロ、健康に影響するからです。

あるレベルを超えた電磁波は肥料や農薬よりも危険カモ。 

しかし、ここまで指摘しても、まだ、茹でガエルがいるはず。

それが証拠に、有機野菜なんか食べなくても、生きていけるという連中も多いから。

 

しかしね、原爆の放射線と比較し出すと、どうかな?

原爆は兵器だと判っているから、その影響は少量・軽微でも避けたいでしょう。

それが証拠に、原子力発電所の事故が起きると、マスコミ動員して大騒ぎする。

一方、タバコは徐々に駆逐していってる最中で。

他方の有機野菜は、まだ、意識高い系にしか浸透してない。

では、電磁波は?

核の放射線より人体に影響大とは思わないのかね。

この指摘でPen phoneビジネスは超優良投資案件になりました。 

 

このビジネスは株式会社 人生やInternational Intelligent Information Inc.から切り離し。

独立した

株式会社 Pen phone

で扱います。

すでに、その準備として、専用のwebアドレスを取得しているし。

こちらは、製品化にあたり、何処と組むかが勝負ですが。

まずは、日本の覚悟を見ておきたい。

というわけで、例の、政府系ファンドに声を掛けます。

 

エルピーダやルネサス、ジャパンディスプレイと比較すれば。

1000億円単位のビジネスだと判るはずですが。

霞猿は、組織の大小を判定基準にする癖が付いているカモ。

株式会社にしても、官僚脳は変わらないか。

だから、第二次世界大戦並みに、局地戦で死守全滅するのです。

ゴミベンチャーにも金をばら撒き過ぎて回収できてないから。

残りの資金が枯渇している可能性もありますね。

よって、控えめに、100億円で応募してみます。

 

これで日本の運命が決まると言っても過言ではない最後の審判になります。 

こちらは本筋ではないため、落ちても痛くも痒くもないのですよ。

寧ろ、財務省の方が痛いはず。

だって、20年間のタマリが目の前にあるのに、金塊や現金ではなく、情報なもので。

マネーに換えるまで、手も足も出せない状態だから。

つまり、経産省は、日本の道路を歩けなくなるという筋書き。

情けないのう。

 

一方、こちらは、現在、製品化で組む相手を探している最中。

多分、シャープに声を掛けます。 

ホンハイに製造させればいいのよ。

円弱、焉んぞ、広告の志を知らんや。

それで、アップルやサムスンやファーウェイが真似すると。

即座に、神権を発動させます。

遠慮する必要のない準備をしてきたということ。 

 

言っておきますが、日本が愚図愚図してると、株式会社 Pen phoneも海外で創設しますよ。 

International Intelligent Information Inc. は脅しじゃない。 

この20年間で、それだけのことを、君らはやってきたの。

これで274町目。

 

ここからハイパー論理に。

前回で、第一階述語論理ベース理論Tにおいても、土台の集合論は無視できないことが判ったはず。

cutで消去できないのよ、ZF(!)は矛盾してるんだから。

その所為で、Tでの限量子の範囲問題が発生します。

これも、ZFの矛盾から派生する新しい論点です。

 

Tでの固有記号f(x)やπやeは、Δ雑音です。

それを、一々、ZF用語に引き戻すような野暮な真似はしない。

それよりは、Δ(T)と拡大する方向で考える。 

しかし、これにより、自己満足のエルブラン宇宙は破壊される。

こうなると、論理の限量子自体の死活問題になります。 

少し、詳しく吟味しておきましょうか。  

まずは、すでに指摘しておいた置換公理に対する循環から。  

あの循環の意味が把握できているかな。

 

ゲーデルの不完全性定理は、あくまでも、エルブラン宇宙ベースの主張です。

つまり、理論Tと、その拡大理論T’は、共に、同じエルブラン宇宙Uに依拠しており。

不完全とは、TでYes・Noが決まらないUベース不定命題があるということ。

こういうのを、Tでの独立と言ってきたわけで。

このUベース命題に対し、T’ではYes・Noの範囲が拡大し、不定の範囲が縮小するの。

ギリシャ幾何以来の平行線の公準なんかは、この範疇。

 

一方、強制法で証明した独立は、こういう従来の基準とは別格です。

何故か?

例えば、ZFと拡大理論ZFCの差としてのACですが。

論理式表現として、それまでの(置換公理以外の)ZF(*)の諸公理と同等に見えますね。

それを強調して確認しておいたわけですが。

しかしね、真理は、そう単純じゃなかったの。

 

ベースのterm世界が重層構造をしている所為で。

ZFにはエルブラン宇宙が出現しません。

当然、ZFCとの共通基盤がない。  

つまり、Δ宇宙で見た時、ZFとZFCでは宇宙の範囲が違うのよ。  

ここが本質的な相違です。  

それでも、独立が証明できた気分だったわけで。

この意味では斬新でした。

しかし、分析能力がタリンかったな。

 

述語論理では、論理式中に限量子

が登場しますが、この変数xの範囲は? 

従来なら、範囲はエルブラン宇宙として、共通termの領域が明確です。

しかし、ZFでは、こういう共通term領域がないのよ。

集合論でのtermとは集合世界のこと。

この集合世界の範囲で限量子を作用させるというのが前提ですが。

Δ全体のはずはないし。

ZFとZFCでは、xの範囲が違ってくるわけだ。

 

つまり、ZFでxと言った場合、どうしても、ZFで考える集合概念の切り出しが必須になります。

ZF公理中で、これを考えるということは、循環でしょう。 

「そんな馬鹿な。

ZFでxと言ったら、それはZFで考える集合全体のことだ。

これは、論理的に正当な考え方だ。」

と思う猿よ。

論理をヨーク考えてみ。

 

君は、暗黙に、理論のモデル宇宙を想定してるのよ。

境界の無い幻を、脳内で薄ぼんやりと使っているの。

だって、自由変数や束縛変数とは、termに作用するのよ。

ZFでのtermの範囲は? 

というわけで、今回、強調する真理は

 

人生の限量子原理

数学の証明で理論Tを考える場合、限量子には境界問題が発生する。  

 

何を指摘しているのか理解できるかな。

オモチャの近似理論Tなら限量子はエルブラン宇宙の範囲で収まりますが。

数学の命題として限量子を考えると、土台の集合論が関与してくる宿命。

どうしてもΔ(T)まで考察する必要があるのよ。

そして、証明作業において、Δ(T)はTにcutできない運命。

よって、数学の命題を表現する論理式での限量子には境界問題が生起するの。

 

ここから理論Tのモデルで限量子を考える場合の難しさ問題が発生します。

君のモデルM(T)の宇宙は?

具体例として実数論を考えると。

漠然とした連続体を頭に思い浮かべても、実数論を展開できる(つもりだった)ので。

それが、ハッキリした宇宙だと錯覚してきた。

しかし、君が考えるレベルの幼稚な宇宙観じゃ話にならないの。

その証拠が、実数の山口モデル。

 

つまり、実数とは、ある種の集合です。

この集合ベースに理論展開すれば、集合論が干渉するに決まっているでしょう。

だから、Δ宇宙での境界問題が発生する宿命。

ACも絡み、ここまでは、想定の範囲カモ。

しかしね、私のZF矛盾発見は、そういうレベルの破壊力じゃないのよ。 

例えば、群論の場合。

何処に、どう集合論が影響するのか? 

これについては、すでに、ブルース群で述べましたが。

 

今回は、更に進化して。

純粋群論のケースでも。

推論には土台の集合論が必須なので。

そこでの限量子の範囲問題が干渉すると言ってるの。

問題は、この干渉の具合です。

イメージが湧かないはず。

 

Tでの第一階述語論理の範囲に限定した限量子の場合。

未だに、集合論の方には作用しないように区別できると思っているカモ。

しかし、それじゃ、数学の証明にはならないと指摘しているのですよ。

ブルース群までは、干渉の具合が掴めても、純粋群論では見えない。

しかし、確かに、証明に影響している。

それが数学の厳密証明。

一体、何処で、どう絡んでいるのか?  

ここから、モデル経由で秘孔を突きます。 

 

群論のような純粋理論の場合。

そのモデルは?

自然数や実数のような具体例を考えては駄目ですよ。

抽象的な対象のこと。

これをイメージできるかな?

できたら、その瞬間、集合論と繋がると言ってるのよ。

だって、モデルの宇宙を考える必要があるでしょう。

これが集合なの。

 

というわけで、純粋群論の宇宙を考えてみてね。

猿脳にイメージできるかな?

実数モデルを考えたら実数論ですよ。

そうじゃなく、純粋群論のモデル。

これの候補として、エルブラン宇宙がありますね。

これは、形式的なアプローチですが。

それでも、宇宙には違いない。

だったら、この宇宙も、集合で把握できるはず。

だって、この世は、集合一元論の世界ですから。

というわけで、

 

知力検査56

理論Tのエルブラン宇宙の集合論的把握法とは?

(そもそも、できるのか?)    

 

一般的に、抽象理論の宇宙に、この課題が生起します。

ここでプロの論理猿ですら誤解するはず。

「(第一階述語)論理の方が集合論よりも、より基本的で先行する。

よって、論理ベースのエルブラン宇宙は集合論で把握できない。

というか、把握する必要はない。」

こう考えてきたのですよ。

この点、判っているのかな、ド素人に。

 

しかしね、ここでの論点は、そういうレベルを超えているの。 

エルブラン宇宙であろうが、なかろうが、兎に角、抽象理論にも独自の宇宙があるの。

まず、この事実関係から出発して。

そして、宇宙は集合として把握できるはず。

つまり、論理のtermとしての記号と、それを利用して定義したエルブラン宇宙は別物です。

で、この宇宙の方は、数学的な抽象実体としてどう把握するのかな?

 

以下の指摘で、事態の深刻さが納得できるカモ。 

まず、猿は、進化して

リンゴ1個、2個、・・・

と数え始め。

やがて、少し賢くなり、それを抽象化して、

自然数1、2、・・・

を扱い出し。

 

やがて、0も発見し。 

マイナス世界開拓から、分数経由で有理数に入り。

方程式の平方根から実数に至り。

虚数を創造し。

次のレベルの抽象化を進め、群・環・体ときた。  

更に、それらの性質の基本として、集合を考えるに至った。  

それらと平行して、論理を開発し、やがては、エルブラン宇宙としてモデルに合体させた。

 

で、今のフェイズは

「エルブラン宇宙を、数学的実体として、どう把握するか?」

ここまで進化してきたのです、猿脳が。 

どうなっているのか? 

今まで、考えたこともなかったはずの新課題ですよ。

素人が抱く漠然懐疑ではなく、私が正式に課題設定しました。 

それができるのが神。

頑張ってみてね。 

脳計測装置の限界を超えるカモ。

 

それでも、問題として、そこにあるのよ。

超えたなダークマターを。  

どうです、こういう課題を考え始めるのがZF矛盾効果です。

ゾロゾロ出てくる天命。   

当然、YJ構築に本質的に関係します。

少しは、根本的な難しさを悟らせないとね。

出した後で、YJを素人が理解できるという理由から。

簡単だと、腰弁が言い出しかねない。

アホ。 

神の起こした奇跡だよ。 

これで275町目。 

 

*********************

最近の記事

*********************

2019年

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

2018年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

2017年

 

12月

 

*********************

 

11月

 

*********************

 

10月

 

*********************

 

9月

 

*********************

 

8月

 

*********************

 

7月

 

*********************

 

6月

 

*********************

 

5月

 

*********************

 

4月

 

*********************

 

3月

 

*********************

 

2月

 

*********************

 

1月

 

*********************

 

ここの記事は、当社会長である、山口人生の仕事で、総て、著作権が設定されています。

このシリーズは「PvsNP」問題を解決した歴史的証拠になっています。

なお、2016年までの「P vs NP」問題関連の記事は別のサイトに移しました。

限定読者だけが閲覧できます。