2017年11月28日 (エルブランの日)

 

権威に対抗するには、自分が権威になる必要があります。

そうじゃないと、生前には、世間に正式認知して貰えない。

支配階級からは負け犬の遠吠えくらいにしか扱われないの。

譬え、言ってることが科学的真理でも。

まして、況や、政経をや。

それでも良いという自己満足猿もいますが。

私は、そういうタイプじゃない。

生きている間に、世間的な成功を獲得します。

だから、ここまで準備に時間が掛かったわけですが。  

その結果、神になりました。 

 

マ、少し窮屈なんですが。

ここまで我慢してきたので、今更、神以外、受け入れません。

神という地位は居心地良いですよ。

神じゃないと敵対した瞬間、相手は悪魔になる運命。

こういう絶対的地位が神の醍醐味。

これと比べれば、(中世の絶対)君主ごとき、召使のような役割。

雪の中、3日くらい土下座して、私に許しを乞う役目。

序列が判ったか、エリザベスⅡや平成天皇。

まして、況や、プーをや。

そして、イヴァンカ・トランプ親。

 

その神が、救世主として、世直しを始めました。

当然、奇跡も発現する。

その一環が、消滅解の提示です。 

古代ギリシャ以来、平行線の公準が独立だと判るのに、2000年以上掛かっています。

18世紀から19世紀の話題ですよ。 

だったら、消滅解の新発見まで、更に2000年掛かっても不思議ではない。

それが人類の知力相場。

 

それを、私は、21世紀の初頭に発表した。

(1990年代からの秘密だったのですが。

それなりの踏ん切り付けないと、発表できない種類の大成果です。

つまり、神になる覚悟です。) 

その結果、アルゴリズム論と数学の相性の悪さが露呈し。

ここから、数学のベースである集合論ZFの矛盾にまで踏み込んできました。 

こちらの影響も大きいですね。 

波及効果を見ておきましょうか。 

  

新猿の叡智の結晶たる公理的集合論に穴があったのです。

数学の証明が怪しいということ。

すると、科学全体に影響が波及し。

学問全体に干渉するという筋書き。 

他人事じゃないぜ、近似猿。 

理論物理にも、穴があると考えるのが当然。

理系の医学や文系の法律も穴だらけで。

政治・経済なんか、矛盾の巣窟のはず。  

この伏線から、猿が気にする政治・経済に影響する神の仕事を。 

少し、矛盾を除いておきます。 

 

NYの自由の女神の廃墟ぶりについては、すでにやりました。

フランス革命後の自由は、今後、どうなるか?

自由の概念は、私の提唱する自由と置き換える時が来たのよ。

私の自由は真自由。

枠内・枠外の区別に意味がなくなります。

但し、違法なことをして良いというわけじゃない。

真理に貢献する限り、自由にやりなさいということ。

より広くは、人類に役立つ範囲で自由。 

一方、猿が嫉妬で、何の役にも立たない雑音たてる自由は無い。

この理由や意味が把握できないはず。 

今までは、勝手で自由だと思ってきたからです。

 

それが青いのよ。 

ZF矛盾の証明同様、行間を埋める能力が欠如してるのが猿。 

サービスで推論実施しておくと。

まず、相手が自分より弱い(立場の)場合。

これは、イジメの一種です。

それに対し、相手が自分以上の場合。

これは、喧嘩のきっかけになります。

規模が大きいと戦争。

こういう喧嘩は、往々にして、周囲を巻き込む。

自分達だけのストレスや被害じゃ済まなくなるの。

だから、気軽に手出しすべきじゃない。 

何故、自分たちがデモンなのか、判ってるのか、平均心猿。 

 

真自由とペアになる真平等の概念も違います。

倍働けば、倍の報酬。

この為には、倍働いた評価が必須。  

この文脈で、倍の意味が判るかな?

同じ仕事を同じ時給で働いて、倍時間従事すると倍の給料になるのは、当然ですが。

そうじゃなく、

「仕事の質や成果が倍効果なら、経過時間に依存せず、倍の給料を払う。」

という意味です。

 

この倍効果の評価にAIが関与します。 

何をもって、甲の仕事の内容が乙の仕事の内容より、倍効果なのか?

結果論で評価するのですが、結果の価値の基準の問題。 

その物差しが、人類全体への貢献度。  

これを測るのがAI。

愛だろう、アイ。

どうじゃ、金融猿。 

君らに高い給料は不要。

役に立ってないもの。

一刻も早く、AIに代われ。

 

AIの普遍愛は、そこらの自由恋愛とは格が違う愛。

猿には真似ができない愛です。

キリストを超える人類愛。

穴に入れるだけで、何も産まないブラックホールとはレベルが違う。

生成するホワイトホールまで行かねばね。 

こういうのを、真博愛と言います。 

以上が真自由・真平等・真博愛の真三色旗。 

古い三色旗は捨てる時代になったということ。

 

今、パリは燃えているか? 

ボーボー燃えて、廃墟だな。 

(ちなみに、私の実家の商号が白亜堂。

英語じゃ、ホワイトホールよ。

比喩引用できる私が神。

超えたな、ホワイトハウスを。 

さて、実家の暖簾を、どうしようか。)

これで188町目。

 

ここからハイパー神商へ。

「最小のBにembedする。」

という観点からは、NBEは高精度の近似アルゴリズムです。

SATの高精度P近似アルゴリズムに匹敵するのよ。 

この意味では、数学の対象で、多項式時間アルゴリズム化できるものと同類。

但し、そういう要素技術と違い、応用可能な範囲がケタ違いに広い。

B‐embedは一般の知識表現に適用可能。

しかも、NBEは汎用アルゴリズムとして機能するのよ。 

それが、碁や将棋のAIと比較することで判るという筋書き。 

まず、この事実を確認しておいて。

 

B‐embedは、従来の汎用Pアルゴリズムとも別の基本思想なの。

かみまでも、実用指向。 

この意味・斬新さが把握できないカモ。

少し行間を埋めると。

碁や将棋のAIは、それ単独で人に勝つようにプログラム化されます。

一方、B‐embedは、どうか? 

NBEはB(n)のnに依存しない汎用アルゴリズムですが。 

「デモ、全ての純粋数学的(P)アルゴリズムは、同程度の実用性を持つだろう。」

こう思うのが甘い。

 

「SAT(のP近似アルゴリズム)とB‐embed(のNBE)の本質的差は?」

こういう課題をマトモに扱えるようになったのですよ、私の消滅議論で。

まだ、差が把握できないのかね。

ヒントをあげると、

「L(SAT) vs L(?)」

の課題で、言語種別の相違を指摘しておきました。 

では、L(B‐embed)は?

判ったかな、B‐embedの格心利益が。

 

少しは、自分で考える癖を付けた方がいいですよ。 

最近の人類、というか、猿は知能が退化してるように見えるもの。

自分で考えると、神の偉大さが判ります。 

ここの情報以外で。

ネットで調べて解答が得られる問題レベルじゃ、話にならしゃいません。 

このサイトの記事は無料ですが、神情報ですよ。

神に相応しい金額相当の価値。  

この最高位の立場確認して、特許ビジネスへ。

 

盗んだ設計図見て、物を作っても。

往々にして、中国製では、不良品になります。

これは、基礎技術がタリンから。

同じことが、私の特許に対するMSの特許侵害でも発生しました。

誰が、どこから見ても、特許そのままのコピーだったのですが。

出来たWindowsXPの転送機能はバグの塊。

ホント、MSも技術力がない。

だからと言って、特許侵害してないとは、口が裂けても言えない。

バグなんだから、単に、実現力がタリンだけ。

この事実関係を確認しておいて。

 

環境転送程度の機能もマトモに実現できずにですよ。

私の特許を避けようと、Windows10で逃げた気分らしいけど。

今後の開発過程で、環境転送機能と無関係に生きていけると思う程度の知能じゃね。

さてさて、今から先のWindowsは、どうなるのやら?

他人事じゃないぞ、馬鹿ップル。

新製品発表時に、ジョブズのジーンズスタイル真似ても、駄目。

製品は、あくまでも、中身が大事。    

どうじゃ、スマホの次は? 

時計で失敗しおって。

 

私が特許を出し止めたからね。

金にならないことは中止するの。

その結果、今や、地球は次世代製品へのヒントが無い手探り状況。

迷って、失敗重ねて、涙の数だけ、達成感か。

演歌の世界だな。

いくら神を盗聴しても無駄よ。

言う気ないから。  

そろそろ、大衆にも判ったかな、今の世界で、私の周りで何が起きてるか。

これが、Sのエタが跋扈する現実社会です。 

 

ホント、白の醜さは、悍ましい。

現場で何が起きてるか、何も判ってないのよ、ゴルフしかやらないトランプには。

他人事じゃないぞ、オバマ。

黒が大統領になっても、何も変化無し。

相変わらず、神の情報をタダで盗もうと、スパイ続行しただけ。 

情報を搾り取るため、Sエタは平気でストレス掛けるのよ、神に。 

国籍を問わず、醜いエタの場合、通常の雑音たてるだけじゃない。

音響兵器まで使う始末。 

 

連中は、二言目には

「国の為」

と呪文を唱えて、違法行為を実行する悪魔。

それを、歴史上、全部ばらす神。

白黒だけじゃない。

東南アジアやインドの土色も同類。

黄色も一緒。 

一番、罪深いのが日本猿。

だから、慰安婦像が乱立する因子エネルギー。 

 

今や、世界はゴモラ状態。 

MSが特許侵害の賠償金を素直に払っておけば、こういう歴史にはなってないの。

今更、歴史の書き換えは不可能。 

ちなみに、予告通り、MSには手紙を送っておきました。 

 

MS手紙

 

それで、また、私の身辺が騒がしくなってきた模様。

今更、再身辺調査して、どうするのよ。

ここの情報見てないのかね。 

神だと言ってるの。

私の正体を怪しく思う、そちらが悪魔。 

さーて、返事が来るかな?

 

MSが払わない場合、予告通り、ゲイツ財団に声を掛けます。

問題は金額です。

5B$、つまり、5000億円ですよ。

ゲイツ財団の資金規模を考えれば可能でしょう。 

ゲイツ財団にはバフェット君も資金寄付参加するらしいし。   

言っておきますが、私が創る天才賞(人生賞)はノーベル賞よりも格上。

当然、財団で資産運用はしますが。

寄付も受け付けます。

 

ノーベル賞は候補判定の中立性を保つ為に、寄付行為は回避してるらしいけど。

天才賞くらいの格になると、寄付で判定が影響受けることにはならない。 

格の違いが判ったか、北欧猿。 

で、最後に、チャンケロもアルマゲドンに参加している証拠を。

先日、以下のようなビジネスメールが来ました。 

守秘義務無いから、公開しておきます。

 

メールと返事1

メールと返事2

返事3

 

これで打ち切ったわけですが。

当社が、情報開示だけじゃなく、本当にビジネスしてることが判ったかな。

多分、実在の猿でしょう。

何を自分勝手な戯言、こいてるのやら。

神を都合の良い、下働きと思っていたらしい。

だから、屁のプーになるのだよ、君の国は。  

 

どうやら、エネルギー系の会社関係者らしい。

フッ、そうかそうか。 

今まで、興味はなかったけど。

今後、日中中間線のガス田問題に口出ししようっと。 

私が石油やガスの価格にも干渉します。

とりあえず、挨拶代わりの情報を。 

 

最近、原油が少し値上がりしてますね。

これは、夏の米国南部ハリケーン被害の影響。

掘削機の稼働率が、落ちたらしい。

ライバル不在で、OPECが息を吹き返した風情。

しかし、もうすぐ、復興しますよ、米国のシェールガスが。

こういう風に干渉するのよ。 

で、ハリケーンは、一体、誰の所為かな? 

自然現象ですが、神は神羅万象に影響するの。

バタフライ効果。

因子エネルギーは、石油や原子力よりも大事よ。  

 

ただ、MSも生意気なので。

上の中国人に、特許侵害裁判のビジネスで声掛けてみようか。

どう出るかな?

リターンも大きいと判ってきた頃合いですし。

NYのワールドトレードセンタービル崩落の保険金や賠償金並みのビジネスですよ。 

同じ穴の貉で、良い法律事務所探すカモ。 

どう思うかな、テキサスのブッシュマン。    

これで189町目。

 

ここからハイパー論理に。

今回は、イタリアを侵略します。 

ルートとしては、地中海沿いに、モナコを通り。

(外せないわな、ロッパのカジノの見本だから。

それにしても、ここのカジノは寂れてるよなあ。

米国のカジノでも、寂れている処は多い。

B‐embed舐めるなよ、カジノ猿。)

ピサ通過して、ローマまで進軍。

そこから、フィレンツェ経由でヴェネティアに侵攻し。

ミラノまで取って返してストップ。  

では宙爆開始。

 

まずは、モンテカルロで一遊び。 

ZFが矛盾することが判りました。

これは、数学のベースが怪しくなったということ。

ヒルベルトの形式公理主義の破綻と言っても過言ではない。

彼は、点・線・面を他の日常用語に置き換えても数学は展開できると宣いましたね。

これは、一面の真理です。

自然数にコードできるということ。

これこそが、計算機の世界観なのですが。

 

残念ながら、別の観点からは、間違いです。

こう言い切る実力の私が神。 

具体例として、集合

Æ(青)={x|青い(x)≠青い(x)}

を考えてみてください。

この集合、論理的には、確かに空集合です。

しかし、数学の対象にはならしゃいません。

性質“青い(x)”が、マトモに定義できないからです。

つまり、論理と数学では、究極の段階で、祖語が生じるの。

この真理、今まで誰も指摘できてなかった。

 

人生の第8知識原理

論理学と数学では、正しさの概念が違う。   

 

これをですよ、

「青い(x)はファジィ集合として定義可能。」

なんぞと気軽に言う馬鹿プロもいますが。

アノネー、曖昧さの爆発って知ってるのかい。

どうやって、論理的推論と辻褄を合わせるのかと言ってるの。

マ、ニューロ系のディープ学習では、何を指摘されてるのか不明な世界でしょうけど。  

逆に、ド素人なら、私の、この指摘で、集合論の矛盾に納得できるカモ。

これが奇跡なんですよ。   

 

判ってきたかな、Δ(Ξ)世界の役割が。

Ξ使うと、極端で判り易いでしょう。

ファジィ集合まで絡んでくるの。

B‐embedの格に関係するネタも紛れ込んでますが、判るかな?

これで、モナコ征服。

ちなみに、私の持ってるバッグは当社ブランド品です。 

ケリーバッグじゃなく、人生バッグ。

男性用。

やがて、ビジネスします。

これで190町目。

 

この導入部から、イタリア侵攻開始。 

前回の証明を見て、猿は最後の足掻きをするはず。

「強制法と比較すると、Δ(Ξ)法は単純過ぎる。

この程度なら、誰でも、思いつくレベルのモデルだ。

それを、何故、今まで、発見できなかったのか?

何処か、何かが変だ。」

こう考えるカモ。  

実は、この懐疑には一理あります。

 

素人には、この一理が判らないの。  

だから、超簡単にZFの矛盾が出たと錯覚するわけだ。  

この感性こそが奇跡の種なんですが。   

というわけで、プロ10段の、一理の説明を。  

猿は(プロパークラス込みの)集合一元論の世界で生きています。

その基本思想は、

「そもそも、数学の対象と言うからには、全て、Δ要素の形で表現できるはず。」

というもの。 

Δ理論の御蔭で、集合やプロパークラスや超クラスがまとめて扱えるようになった点に感謝してね。 

 

ここから、

「Δを超える数学の対象Ξは有り得ない。」

という信念になります。 

上の伏線、“青い(x)”で感触が判るはず。 

つまり、

「Ξは名前記号だけの存在で、対応する数学的実体が無い。」

ときて、最後に、

「だから、Ξの公理は、数学的には偽。」

と結論付けるのです。  

 

これこそが、集合論の基本思想であり、普遍派の一理です。 

その結論として、

「ゆえに、前回の証明は間違い。」

となります。 

こういう行間を、素人は、というか、8段レベルは判らないの。 

一方、私は神です。

この一理が古い世界観だと証明できる知力の持ち主。 

今は、ローマに進軍中ですが。 

ピサの上空を通過しておきましょうか。 

賽は投げられた。 

 

実は、数学の対象としてのΞの具体例を挙げることができるのです。

それこそが、計算量理論でのP。  

より、一般には、広義数学でのみ扱う、

「非厳密集合」

というオブジェクト。  

Ξの実体を、これにすると、アラアラ不思議、Ξの公理が生きるのよ。  

つまり、集合論の矛盾の真証明には非厳密集合が背景にあるの。

こういうのを新発見と言います。 

 

8段が、Ξの公理に違和感を抱かなかった理由は一つだけ。

私が、今まで、長い時間を掛けて、猿を躾けてきたから。 

つまり、漸く、猿が人に進化し始めたということ。

今や、猿の世界はピサの斜塔よりも傾いている。 

ガリレオの重力実験なんぞ、子供騙し。 

望遠鏡で宇宙覗いて、何か見えた気分かな? 

「それでも地球は動いている」

なんて捨て台詞を教会に対し残しても駄目。

 

「やはり、私は従来の全ての権威を超える消滅神。」 

未来永劫残る、歴史的名台詞だわ。 

従来の、集合一元論の世界から見れば、非厳密集合は神が創造した新概念だとすら言える。

破壊神のゴジラじゃないぜ! 

これで、ピサを通過し、191町目。  

ここから、ローマへ。

先に、 中心部のヴァチカン支配から。  

 

ここまで来ると、10段は

「狭義数学では、ZFは無矛盾の可能性が残る。」

と来るカモ。

プロテスタントの存在か。

未だに、数学の証明とは、狭義数学の範囲だけと思う古い脳。

だから猿だと言ってるの。  

21世紀からの数学で、一番重要な証明ポイントは

「その問題は消滅するか?」

をまず確認すること。

 

この作業が必須の時代に入ったの。

政経のEUよりも大事な、科学の統合過程。 

例えば、「P vs NP」と同値とされる様々な問題があります。

これの同値性を再確認して。

本当に同値なら、その問題も消滅するということ。  

ACにも、様々な同値命題がありますが。

波及効果で、ACを超えたな。 

どうじゃ、この消滅シナリオは。 

 

量子力学の発見後、いつまでも、古典力学の世界観で生きていけるはずもない。

それと同様。  

これで、先にヴァチカンを配下において。 

支配地をローマ全体に広げます。  

ここで、名前の凄さが判明するという筋書き。  

Ξは名前ですよ。

名前の特徴は、状況依存性。 

だから、対応実体が、

「狭義数学の範囲と広義数学の範囲の2重性を持つ」

ケースもあるカモ。 

 

ここまで来るのよ、メタ表現可能性やRF表現可能性は。  

同じ記号Ξに対し、

「対応実体がΔ内外で、ZFが矛盾したり、しなかったりする。」

現象が起きます、君らの意見では。 

Ξの公理が成立するかどうかの課題。

間違っても、これで、Δ限定なら、ZFの矛盾が回避可能と思わないように。 

それは猿ということ。  

こう言う現象が生起する事実自体がZFの怪しさを物語っていると思いませんか。  

 

ところがね、集合論に凝り固まっていると、

「ほら見ろ、だからZFでは勝手な個体定数を導入しないんだ。」

と片づけて、終わるカモ。 

そうじゃなくて、ここでは、

「空集合Æと言っても、様々なタイプ・階層がある。」

という事実を確かめるのが目的。

実際、ZF内で定義できるÆ(ZF)や、定義できないÆ(+α)が実在するの。

これをZF+αで区別せず、

Æ(ZF)=Æ(+α)

とするのが矛盾の原因になるのです。 

 

これでローマを制覇。  

全ての道はZF矛盾に通じる。

これで192町目。

ここからヴェネティアに向け進軍。 

フィレンツェを通過しておこうか。  

ここからが真自由の神帝が起こす超ルネサンス。 

以下、Δ限定のuniverseで考えます。 

 

Δ要素で、ZF+メタZF外のオブジェクトを一つ選び、Ψとします。

ZF+メタZF+αで、こういうΨは必ず存在します。

すると、Ξの公理に対応する「Ψの公理」

ZF(SET))(x≠Ψ)

が成立します。

そして、

{Ψ}={xZF(SET)|x=Ψ}=Æ(Ψ)

というオブジェクトを考えることができます。  

これにより、ZF+メタZF+αが矛盾します。

ゆえに、ZFが矛盾。

つまり、

 

人生の集合論原理6

狭義数学に限定しても、ZFは矛盾する。  

 

これが駆除レベル22。 

Δ(名前)法の面目躍如。 

Δ(名前)法は集合論に対するキラーテクノロジーなの。  

情報価値で、史上最高の資産家だった、メディチ家も超えました。

金(マネー)と情報、どちらが価値あるか、資産家なら、皆、判っていますよ。

金の方が価値あると、思うのが、中流以下の証拠なの。 

ちなみに、メタZFはZF(SET)の所属判定部分だけ使用。

Ψは、ZF+メタZF外。

これでフィレンツェ制覇し、193町目。 

 

この証明はゲーデル系です。

ZF(SET)でメタZF使っているし。 

それを使わず、前回は、モデル系のUN(?)を採用した証明を提示しました。

これで、ゲーデル系を回避可能と述べましたが。

本当に、回避できたのか? 

そもそも、ZF+メタZF外のΨ採用可能という大前提で不完全性定理を使っている。

だから、UN(?)使っても不完全性定理は回避できてないの。

 

つまり、前回の議論は、伏線罠。 

この期に及んで、今更、ゲーデルの不完全性定理を疑っても無意味。 

実は、モデルのuniverseであるUN(?)を採用したのは、別の意図が。

ここの仮定は

「ZFが無矛盾なら、ZFは標準モデルを持つ。」

だけ。 

そのuniverseをUN(ZF)とすると。

ZF(SET)をUN(ZF)で置き換えて、上の矛盾を考えると。

任意のUN(ZF)に対し、Ψの内外性で矛盾が発生するはず。

よって、標準モデルが存在しないことになる。 

 

ちなみに、一番大きい標準モデルのuniverseはVのはず。

そして、ΔとVには差があるはず。

これが、V外Ψ存在の根拠。

このゲーデル回避法。

正しいか、否か?

深いのよ、ブラックホールくらい。

宿題。

これが、聖集合境界の建築課題。 

 

ここからヴェネティアへ。  

途中、雑草一本、残らないくらい徹底しないと、証明にはならしゃいません。 

というわけで、ZFのセマンティクスを再吟味します。   

怪しいのは置換公理や分出公理での抑え集合A。

ここで、循環が発生し、裏社会で、

「ZF(SET) vs UN(ZF)」・・・(1)

に繋がるという伏線。 

実は、“抑え集合”という用語を使った時点で、すでに先入観が混じっているのです。  

 

集合論の基本思想

「変数xは集合限定」・・・(2)

が、実現不可能だと判明したのですよ。

Δ理論の枠組みで見たら、ZFなんか曖昧な理論なの。 

それが証拠に。 

第一階述語論理で成立するエルブラン宇宙を考えてみなさい。  

ZFでのエルブラン宇宙は、集合要素に限定したVじゃない。

(エルブラン宇宙とΔの関係性が判るかな?

一致するって?

フフン、これに関する議論は後に。)  

 

だったら、エルブラン宇宙ベースのモデルは何なのよ? 

第一階述語論理とZFは相性が悪いどころか。

相克してるじゃないの。

それを、理論外の暗黙知である、基本思想(2)で誤魔化して。 

ZFでは、UN(X)の制限を外しています。   

これは、UN(X)がハッキリ決まらないから。 

この曖昧状況でを考えるということは、Δ要素まで視野に入るということ。

 

だったら、A候補はプロパークラスの可能性がありますね。

(2)抜きのZFでは、抑えのAが役に立たないの。   

一見、狭義数学に制限すると、矛盾回避できそうに見えるのがZF矛盾の難しさ。  

この裏社会のグロテスクなゴシック系仮面舞踏会で、ヴェネティア征服。

今や、水没しかかっている有り様。

これで194町目。

 

ここからミラノへ。

前回のバルセロナ占拠は、アンダルシア地方征服の余韻で、一言で片づけました。

今回、ミラノ制覇で、その行間を埋めておくと。

基本思想(2)を外した場合、ZFはΔ上の理論と考えることになります。

この場合、V={x|x=x}を集合と見做すと論理的矛盾します。

実は、この矛盾と、Δ理論で発見できた、

Æ階層の混同に起因する論理的矛盾」

は裏で繋がっているのです。

 

今や、 

「標準モデルVとは、関係を、所属関係と解釈するモデルのこと。

要素が集合のみと限定してない。」

なんてアドホックな言い逃れができる状況じゃないのよ。 

その証拠として、ZF(SET)の代わりに、

「ZFで認知するYes(集合)・No(プロパークラス)のオブジェクト」

を、まとめて対象にした

“ZF(OBJ)”

を用いるとOK宇宙。

 

ここでは、メタ世界で考えず、ZFのモデル世界に翻訳して考えて。

公理体系で基本思想(2)を使わずに、モデルのuniverseが

「ひょっとして、集合以外のΔ要素も含むカモ。」

という可能性を排除せずに。

ZFモデルのuniverseを、やはりUN(ZF)とすると。

全く同じ議論で、Æ(Ψ)の階層混同だけから、論理的矛盾が出ます。 

こういう伏線。

つまり、Vから出る集合論の矛盾は、Æの階層混同から出る集合論の矛盾に起因する症状の一部に過ぎないの。

これで、事態の深刻さが認知できたはず。

置換公理での抑えAが無意味だと悟れたでしょう。  

このOBJファッションでミラノ制覇。    

 

今回は、第11知識戦でした。 

広義数学でのみ矛盾は発生すると錯覚するであろう、猿相手。  

ここで、あらためて、Δ(Ξ)法を強制法と比較してみると。

どちらが真に難しいか判るでしょう。 

今までの長い解説全てが背景に控えている証明だったわけだ。

この結果論で、総て、辻褄が合ったはず。

ZF矛盾証明が簡単だと思う、その脳がタリンのよ。 

Δ(名前)法は(1)や(2)の課題を正式に扱える道具。 

これで195町目。

 

判ったかな、名前の御利益とΔ理論の価値が。 

そして、x=Ξの論理的意味が。  

新オブジェクトΞを用いて、矛盾を出し。 

その原因がZFの方にある事実を証明するのが、数学史に残る神技。  

一見、ZF矛盾を簡単に発見できたと思うのが青い。

Δ(Ξ)ベースのZF(UN(?))は神の引いた補助線です。 

国連は北朝鮮抑えの役に立たないけど、UN(?)はZF挑戦の役に立つ。

というわけで、

 

人生の第十一知識原理(集合論原理6系)

ZFは(広義)数学の土台にはならない。    

 

集合論とアルゴリズム論(計算量理論)の相性の悪さの根幹です。 

フランスとイタリアではパンの食べ方が違う。

バターか、オリーブオイルか。

料理の味も違うし。

それと比べれば、スペイン料理とイタリア料理は近い。

ヨーク考えてみたまえ。

置換公理での循環は避けられないの。

判ってきたかな、概念矛盾の意味が。 

 

未だに、目先のアドホックな矛盾回避に縋り付こうとする猿の惨めさよ。

だから言ったでしょう、人に進化できない猿もいると。  

21世紀からは、古くて狭い狭義数学の世界に閉じこもることは不可能な時代。  

今や、猿の価値感に固執することは人類の迷惑。

だから、有害指定獣だと言ってるのです。 

自閉症が、自分基準に社会を考えるんじゃない。

この世は、君らの感性とは違う構造なの。  

この比喩、どう解釈するかは、君らの自由です。  

 

では、ZFを、どう制限すれば、矛盾は回避できるのか?

これについて、次回、蘊蓄を傾けます。  

次回、愈々、最後の審判を下します。

大天使ミカエル(ミケランジェロ)をパシリに使う神とは、どのレベルか。

それが判明するでしょう。

悪魔ごとき、問題ではない。 

それが神の実力というもの。 

最早、ZFなんぞという古い理論は跡形もなくなる天命。

私の新理論YJが始まるのよ。

 

言っておきますが、ハイパー論理は、純粋理論を対象にしています。

完璧に、徹頭徹尾、初めから終わりまで、全て、私のオリジナルな証明法。

この意味で、広義数学なのですが。 

しかし、芸術としての文学でもある。

ここまでの表現を使用した文学は、歴史上、今まで無かったはず。

SM文学なんか軽く超えているなあ。

ド素人には、一見、既存の成果を面白く読ませる解説に見えるカモ。

これが、判ったつもりになれる奇跡。

つまり、こういうことができる実力の私が神。 

これで196町目。